ブログ

ニューイヤーカップ最終日☆

2022/01/05 5:16 閲覧数(224)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
川口オート正月開催『ニューイヤーカップ』本日が最終日。
今開催、非常に面白かったと個人的には思う。
SS組の参戦は嬉しいところではあるが、新人35期生の頑張りが随所に見られ、将来を期待しても良いと感じる選手も見受けられ内容の濃い開催だったと感じた反面…
こんな事は言いたくはないが、昨年のオートレース界は悲しい事故が多発。
新人選手にとって心中穏やかではなかったはず。
その悲しみと辛さを乗り越えて走路に向かう決心は、我々の考えるところを遥かに超えた異次元の世界なのかもしれない。
言ってしまえばだが、その当事者でなければ分からない事。
我々ファンとして出来る事と言えば、同じ過ちを繰り返さぬ様に関係各所へ改善の声を届ける事。
そして、選手への叱咤激励。
競馬・競輪・ボートレース・オートレース
其々、魅力ある競技であることは皆さんご承知の通り。
その中でも、スピードとサウンド!そして、ギリギリのせめぎ合いが存分に堪能できる唯一の競技オートレース。
公営競技である反面『モータースポーツ』の括りとして捉えられがちだが、人が走る以上は『ヒューマンスポーツ』
選手・お客様と…人があってこそ成立する競技。
そこに歓喜の涙なら大歓迎だが、悲涙だけは付いて欲しくはないものだ。

川口ニューイヤーカップ優勝戦
個人的には、完全優勝を賭けた若井選手に熱いエールを贈りたい。
しかし、浜松のお二方『木村選手・鈴木圭一郎選手』と『永井選手』の速攻劇に対抗できるか…
そこが肝!
一昔前の川口正月開催であれば、若井選手・森選手と交互に優勝していたものでした。
時代も変わり、近年はその様な場面も見られなくなったものですよ(笑)
ではでは、参りましょう!
今回は⑦永井の速攻と時計に期待。

⑦永井‐⑥木村⑧鈴木‐③梅内⑤若井⑥木村⑧鈴木
  • 読者になる

現在、コメントの投稿を受け付けていません。

TOPへ