ブログ

京王閣記念終幕――五人結束だから「出る」わけでもあるまい

2018/05/15 19:15 閲覧数(497)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
 関東五人布陣の前に別線は手も足も出なかった京王閣の決勝は二車単が190円で三連単は410円。五人並ばれちゃァ……しかも吉澤純平-平原康多-木暮安由-神山拓弥-高橋大作と組まれては410円も仕様がない。そんな声が其処彼処から聞こえてきそうだが、俺の「論」は、五人鉄壁ラインだから「出る」というよりも、敵方のラインの先頭が郡司浩平だから「出やすい」となる。昨年のグランプリ出場「最後の椅子」を桑原大志に「競り負けた」郡司の勝負弱さ(失礼容赦)は今のところ、俺の車券推理に於ける大事なファクターであるから――。
 そこまで説くなら一本で打ったのかい――? と問われたら返す言葉もないが、俺が買った車券は①③④と③①⑨で、まったくもって腰が引けている。

現在、コメントの投稿を受け付けていません。

TOPへ