ブログ

きみは準決の田中晴基を見たか~小田原記念競輪決勝

2022/08/27 20:00 閲覧数(342)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
 まずは準決のおさらい。
 第十競走。清水裕友の番手を山下一輝と大塚健一郎で競った。ジカで勝負の選手は買い。などと記すこともあるわたしだが、まるきり手を出す気がしなかった。だいいち清水が勝つ画がぜんぜん浮かばない。大塚は早々と《自落》とも見える落車で走っているのは計八人。南関四人の先制を五番手から浅井-坂口晃輔-清水(一旦捲りかけるもすぐ戻る)が捲ったかたちだが、早逃げの青野将大はあきらかに減速気味で浅井に《強さ》を感ずることはなかった。
 第十一競走。櫻井祐太郎より深谷知広の加速が優る。守澤太志は櫻井をかばい迎え入れるべく、深谷の後ろの和田真久留を退かしに行く。成田和也の《十八番》であるが、まだまだ成田の域には達していないかな。ブロックはヒットせず南関三人に出られてしまった。
 第十二競走。南関大本線に対して別線もやるだけのことはやった。最終形は岡崎智哉-山田久徳-長島大介-武藤龍生と合体して北井佑季を不発にしたのだから。ただもう郡司浩平は超クール。冷静に見切って捲って松谷秀幸-田中晴基まで引き込んだ。ゼブラ柄のレーサーにまたがる四番車田中は三角、四角、直線と何度後ろを視認したことだろう。見ていて思わず笑いがこぼれた。十一レースに続きまたもや南関三人で確定板を占めた。
【小田原記念競輪決勝】さすがに六人では並べない。というか南関が別々になり妙な安堵を覚えた。清水裕友に、浅井康太に、勝負手なるものはあるのかしら。なるべく脚をつかわないで中団から先捲り? なかなか上手くはいかないと思うけど……。
 優勝の期待度では筆頭に郡司浩平、次いで深谷知広、三番目が和田真久留の順だけど、車券の基軸みたいものが欲しい。で、ふっと思い付いたのが「きみは準決の田中晴基を見たか」なるフレーズ――ということで①⑤⑧、⑤①⑧、①⑦⑧、⑦①⑧。酔狂にもほどがある。もしくは出鱈目とも言える。

  • 読者になる

現在、コメントの投稿を受け付けていません。

TOPへ