ブログ

清々しい負けだった。

2019/10/16 8:34 閲覧数(249)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
みなさん、おはようございます。

前橋親王牌は、村上弟の優勝で幕を閉じました。
まずは、村上弟選手の優勝におめでとうと言いたい。
今年は落車負傷による不調が続いていた時期もありましたが、地味にサマーナイトを優勝し、今回はGⅠ制覇。
勝てる位置で4角を回ってくれば、キッチリ勝ちきるあたり、
「ビッグレースの勝ち方を知っている選手」であると言えるでしょう。

ヨソカツに投稿した通り、清水=木暮、清水=和田の二車単4点で勝負し、ちっとも惜しくない完敗に終わった私。
レース内容によっては、
「GⅠ決勝として相応しいレースじゃなかった」
「○○は、なんであんなレースをしやがったんだろうか」
「△△は、勝つ気があったんだろうか」
などと、己の下手さを棚に上げ(笑)、選手のレースぶりや心の弱さなどを批判していたでしょうが、
今回の親王牌決勝は、選手の誰かを批判したくなったり、選手の誰かに負けた責任を押し付けたくなったりが一切なく、
「三谷にパチーンと駆けられちゃうと清水も厳しくなるんだから、三谷の番手村上弟の優勝も一考すべきだった」
と、素直に反省できました。
理由として考えられるのが、まずは
捌きが苦手(できない)の中川に、すんなり清水の番手を回らせないレースをしたこと。
誰も狙いにいかず、中川が番手から抜け出して優勝なんてレースになっていたら、
「中川以外の選手は勝つ気があったんだろうか」
と、一晩中グチグチと独り言ちていたでしょう。
あとは、プライベートがバッタバタしているであろうし、二日間の順延もあった千葉記念(松戸)の優勝から、中一日で前橋入りし、また一日順延があった親王牌で優出した上、決勝でパチーンと打鐘ガマシを見せた三谷の根性に、とにかく感服させられたこと。
ラインが短かろうと、調子が悪かろうと、常に前々に踏んでいく三谷(もちろん松浦や清水も)は、本当に素晴らしい。
前々に踏んでくれる選手は、車券で狙ってダメでも後悔しないし、狙ってない時に車券に絡んでも恨むことがない。
我々ファンにとっても、連携する選手にとっても
「アテになる選手」
な、わけです。

優勝したのはベテラン村上弟でしたが、
敗者戦で約二周を逃げ切った松浦を含め、三谷、清水の走りぶりから、現代競輪のあるべき姿のようなものを感じられ、また少し「競輪は大丈夫」と思えました。

逆に「競輪予想漫談師は大丈夫」
とは到底思えない近況の私(トホホ)は、予想のセッティングをしっかりと見直し、なんとか
「アテになる男」にならないといけません。
みっちりと検討し、「なんとか儲かる予想を」と、前々に攻めてはいるのですが、
いかんせん脚がありませんので、着が悪すぎる。
唯一の取りえだった
「忘れた頃の一発」も最近放ててませんし。

次回頑張ります!!!!!!
負けはしたものの、今回は競輪を嫌いにならないですみましたので、頑張れます。
かなり見切りをつけられた様子(涙)のヨソカツも、次回以降巻き返します。
よろしくお願いいたします。(ペッコリ)

では、また。


  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ