ブログ

競輪のことに一切触れない競輪コラム

2019/04/07 3:59 閲覧数(947)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
球春到来!プロ野球が開幕しました。

私、ハシモト
子供の頃は筋金入りの阪神ファンでしたが
今は特定の球団を応援するでもなく
たまーにボンヤリと試合を観戦する程度で…

そうなってくると…

「おいおい!それはストライクやで!その球がボール判定やったら、さっきのアウトコースの際どいとこもボールやろがっ!おい橘高!どこに目ぇついとんねん!」

みたいに荒ぶることもなく…

「うんうん、みんな頑張れー!」

という、仏の心で試合が見れるようになりました。

しかし!そんな私でも
何故か?広島という球団には数年前から
魅力を感じておりまして…

まぁ、巷のブームに乗っかっていると言われればそれまでなのですが…

やはり、メジャーリーグで活躍した強烈な助っ人や、FAで実績抜群の超有名選手を獲得しよう、みたいなバブリーなスタンスとは一線を画し

「金にモノを言わせた補強に頼るのでなく、今の選手をいかにイキイキとノビノビと」

みたいな基本的な運営方針が
素敵だなぁ、と思っておりました。

で、まぁ、今のカープが広島の人以外にも支持されている理由は
そういう基本的な運営方針によるところが大きいのではないかなぁ、なんて何となく感じておりまして…

つまるところ
カープは私に

金にモノを言わせるのではなく
地道な努力と工夫で、独自のスタイルを切り開くことこそが、これからの時代、大切なんやで~わかるか~?ゆうすけくん!と

教えてくれているような気がします。

有名人を呼び
高額なギャラを払い
そのネームバリューを頼りに

ファンの人たちをかき集め
認知度を上げていくという手法は

まるで
かつてのバブリーな球団が
やりまくっていた補強と
根本的な考え方は同じなのではないか…とそんな風に思います。

もちろん
そういうド派手な打ち上げ花火が好きな人も一定数いるので、それ自体を全否定する訳ではないし…時に大事なこともあるでしょう。

ただ、一つ間違いなく言えるのは

きっと、それは今の時代の空気には
マッチしてないんだろうなぁ

ということです。

要するに時代遅れの手法なんでしょうね。

で…ここで何が問題なのか?
というと

時代遅れの手法を取り続ければ続ける程
その組織自体に魅力がどんどんなくなっていく、という。

これが最も大きな問題じゃないかなぁと思います。

「ふ~ん、そんな安易なやり方しかできないんや~」

と、世間に認識され
そういうイメージが定着してしまうと

なかなか
そのイメージから脱却することはできません。

カープは
長年かけて
地道に、じっくり、丁寧に、誠実に

球団を運営してきた

そのことが
一過性ではないファンの支持を得ている
大きな要因だろうなぁ、と。

要するに
目に見えないけれど
結局はその組織の生き様とでも言いますか

そこですね。

そして、カープに関してはもはや
その生き様自体が
ブランドになっているという…

これは並大抵ではできませんが

それがきちんとできなければ

特にこれからの時代
本当の意味でのファン獲得には繋がらないんじゃないかなぁ、と。

超有名選手さえ集めときゃ
うちの球団は勝てるだろう

超有名人を呼んどけば
客は集まってくれるだろう

そういう安易な考えが
透けて見えないように

考えて考えて、お客さんが喜ぶのは
何なのか?

考えぬくことこそが
大切なんでしょうね…

橘高さん
このコラム…

ボールですか?
ストライクですか?
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(1)

プロフィール画像

ののぶ

結果を出してこそ
投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ