ブログ

八ッ場ダムと3番手!

2019/10/16 16:45 閲覧数(637)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
『バッターの雰囲気から、どうもこれは右寄りに守っていた方がいいと思ったんですよ~。じゃあ、思ったところに打球が飛んできて…あれが定位置だったら完全に抜かれて長打になってたでしょうね。』

というような目に見えない地味なファインプレーエピソードが大好きなのですが…

競輪もきっと、そんな傍目には分かりにくい、なかなか目に見えないファインプレーっていっぱいあるんでしょうね。

例えば
『後ろに○○選手が入ってたのを確認して、多分○○選手は内を狙ってるだろうな、っていうのはあったんで
内だけはとにかく開けないようにという意識はありましたね』みたいな談話を聞いてレースを見ると

うわーっ、カッケー!!
全く内開いてないよ~。
地味だけど(笑)
カッケー!!となりますが…

更にもっとカッケーのは

『多分、内を開けたら入ってくるだろうなってのはあったんで、入ってきたら閉めこんでやろうっていう準備してましたね。だから、あそこで入ってきた瞬間に、罠にはまりやがった!(笑)って感じでしたね。全部、想定通りです』

という。
いやー、漢字の競輪の世界ってのは奥が深いですね。
五回くらい映像を見返さないと
分からないようなファインプレーって
結構あるような気がします!

そう、プロのテクニックってのは
パッと見て我々のようなド素人が分かってしまうようなものではダメなんです!

昨今、競輪ではなく
ケイリン、いやKEIRINか…

スピード感はやっぱり爽快だし
スタイリッシュなレースになってきたのは
確かにいいところかなぁ、という気はするのですが…

逆に、そういう地味なファインプレーエピソードが減ってきたように思います。

ってか、そもそも
今回の寛仁親王牌、ほとんど2人のラインで、主な仕事が内を閉める3番手おらんかったし!という…笑

それはやっぱり
何だか残念だなぁって…感じましたね。

で、残念というと
台風19号の影響で、1日順延ですよ!
まぁ、天気のことなので仕方ないんですけどね…

でも、前橋は大雨のあとの翌日
街に何の問題もありませんでした。
ただ、場所によっては河川が氾濫し
重大な被害が出ている地域がかなりあるようで、報道を見るに付け胸が痛みます。

前橋もドームの隣は利根川で
一つ間違えば危なかったんでしょう。

で!
でですよ!
どうも、この利根川の氾濫を防いだのは
八ッ場ダムなのではないかと…

計画が出た段階で猛烈な反対運動もあり
ようやく決まったと思ったら
一度は計画が中止になり
それでも、何とか完成した曰く付きの八ッ場ダム。

これ、まだまだ
ダムがなかったら、19号の影響で利根川がどうなっていたのか?専門家による調査が必要でしょうし、こういう、あったお陰でどのくらいの人達が助かったのか?というのを立証するのは難しいものです。

が!多分、ダムのお陰で助かった
街、助かった人はかなりの数にのぼるのではないかと思います!

それはわかりません
わかりにくいんです!

いやぁ、内を開けてしゃくられてたら
どのくらいの被害が出ていたか
わかりませんが、とにかくラインの決壊を防げて良かったです!

という

まさに!今回の八ッ場ダム
3番手の仕事じゃないですか!
地味なんだけど、しっかり我々をディフェンスしてくれていたんじゃないでしょうか!

みんな、目に見えるところばかりを評価の対象にしがちですが

今回の八ッ場ダムは
そうじゃないんだよ、競輪に3番手は必要なんだよということを
もしかすると教えてくれているのかも知れません。

ありがとう八ッ場ダム

大事なことなので
もう一度

八ッ場ダムが教えてくれたこと

競輪に3番手は
結構必要なんだよ。
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(1)

プロフィール画像

やっしー

相変わらず、何を言っているのだろう。だいたいが、やんばダム。たまたま、「試験的」に水を貯めている最中。ようするに、ほぼ空っぽの状態だったのですよ!仮に、民主党政権が建設を止めず、当初の予定通りに建設されていたら、おそらく、緊急放流をし、下流域に絶大な被害を与えたと思いますよ。
投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ