ブログ

13日の晩はTCKでジャパンダートダービー

2022/07/12 19:31 閲覧数(470)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
さてさて

13日の晩は大井競馬場で交流重賞のジャパンダートダービーが行われます

南関からは5頭、JRAからは7頭、兵庫と高知から1頭ずつの合計14頭のレースです

全国統一の3歳ダート王者を決める一戦です

ジャパンダートダービーがいまの形式で行われるのは来年までで

2024年からはダート競馬の路線が大きく変わります

まず南関競馬の三冠レース羽田盃、東京ダービーがJRAにも開放されることに伴い、ジャパンダートダービーが10月に移行して、レース名も変更となる予定です

これで羽田盃、東京ダービー、ジャパンダートダービーで3歳馬のダート三冠が決まるというもの

賞金も上がるようですが、南関馬には少し厳しい結果になるんでしょう、しかし馬のレベルはドンドン上がってきてくれると思います

では、今年の予想です

昨年は南関のキャッスルトップが逃げきって単勝129.5倍の大波乱でしたが、毎年、このレースはJRA組が持って行くレースです

今年もJRA組から勝ち馬が出るはず!

中でも狙いたいのが③ハピ!3戦3勝と負けなし!しかも勝ってるタイムが優秀で前走の鳳雛ステークスのタイムは同日の2勝クラスの勝ちタイムを1秒4上回るもの!
鳳雛ステークスの2着馬と3着馬は次走の2勝クラスをキッチリ勝ってるのを見ても、その強さが解ります、その前の1勝クラスの勝ちタイムも、道悪をかなりとはいえないが優秀なタイムで勝っている、雨の影響がありそうな当日の馬場状態を考えても有利な条件と言えそう
この馬のアタマで狙って馬複で押さえにしたい

この馬の相手には⑭ノットゥルノ!前走は兵庫チャンピオンシップで⑥ブリッツファングに千切られた2着でしたが、飛びの大きい馬で小回りの園田はレースしにくかったのを考えれば好走といっていい!大井コースになれば、力が発揮できるのでは?

ノットゥルノを負かした⑥ブリッツファングは勝ち方が派手に千切るので強くみえますが、タイム的には抜けたところがありません!悪いわけではなく、いわゆる水準です!切り捨てるわけではありませんが、オッズとのバランスが良くないので押さえに回します

それなら前走のユニコーンステークスで鋭い脚で差してきて届かずの2着だった①セキレイが距離をこなせば食い込みがありそうです!

ユニコーンステークスを勝った⑦ペイシャエスも早めに抜け出してしぶとさを活かせれば馬券になるとみます


では、南関勢は?というと、ここで連に絡んだ南関馬はヒガシウイルウインが勝ってハッピースプリントが2着があります!この2頭は東京ダービーの勝ち馬!ここで勝負になるのは東京ダービーを勝った馬ということになります
今年の東京ダービーの勝ち馬のカイルの出走はなく、2着の⑧クライオジェニック、3着の⑩リコーヴィクターが出てきますが羽田盃のレースぶりをみても、ちょっと足りないようにみえます

それなら中央から転入した④トーセンエルドラドの方が脈があるかも?東京ダービーは前の方が有利な流れで、後方からの競馬、ペースが上がったところで仕掛けたんで不発!今回はダービートライアルのように前でレースをしてきそうで、そうなれば少し馬券になるチャンスはあるかも?


馬券は
単勝③が勝負券です

馬単・馬複
③→⑭①  厚め
③→⑥⑦④ 押さえ

3連単
③→⑭①→⑭①⑥⑦④⑨⑬少々

とします

発走時間は20:10となっております

  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ