ブログ

別府記念決勝と若松のBBCトーナメント優勝戦

2020/12/06 8:44 閲覧数(355)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
ベストメンバーで行われます別府競輪のオランダ王国友好杯の決勝!
初日特選のメンバーから鈴木裕と北津留翼が入れ替わっただけで、あとは8人が同じメンバーに

並びは
④岩本の後ろが鈴木裕から初日特選は単騎だった③諸橋が付けて
②中川⑤園田の前を⑥北津留が回ることに!
あとは①松浦⑨小倉は同じ、そして⑦浅井と⑧古性は単騎となりました

初日は④岩本が押さえて①松浦が駆ける展開でした

決勝は⑥北津留が駆けることになるとみます!先月の別府では、逃げて、捲って完全優勝と別府で走るのは気分も良いはず
器用に立ち回るタイプじゃないんで、押さえておいて誰も来なければ、自分の持つところから駆けることに、ここで①松浦が叩きに行くか、行かないかですが、初手で松浦が前受けなら、中川が出て北津留が入る、岩本が後方から押さえて、北津留が切って、松浦が叩くのか?7、8番手で様子をみるか?
ここは松浦は叩いてしまった方がいい!北津留もここですぐに松浦に来られれば、突っ張らずに出させる!岩本は初日に逃げた松浦を中団から捲れなかったんで後方になっては!と巻き返す
単騎の⑦浅井と⑧古性は展開が動くので切り替え切り替えで先行ラインの後ろや仕掛けそうな松浦の後ろに、位置するんで、最終的には松浦ラインにいるとみます
岩本が先行して3番手に松浦、この後ろに浅井、古性、北津留が7番手から捲ると、松浦が併せて踏んで出ていく松浦と北津留の踏み合いで松浦が制するとみます!⑨小倉がマークして①⑨⑥、①⑨⑦、①⑨⑧が、主力!
①⑥⑨、①⑥⑦、①⑥⑧が押さえ
ゴール前に浅井が伸びて
①⑦⑨、①⑦⑧、①⑦⑥

そして北津留が踏み勝っての⑥①、⑥②、⑥⑦、⑥⑧、⑥⑨を少々押さえます

そして、ボートレース若松で、行われていますボートレースバトルチャンピオントーナメントの優勝戦!
3着条件の勝ち上がりで優勝戦へ勝ち進んだ6選手の枠番はアミダくじマシンの公開くじ引きで枠番が決まりました!
①寺田祥
②田村隆信
③吉川元浩
④原田幸哉
⑤毒島誠
⑥守屋美穂

今節この6人が1号艇になった時の成績は合計で10戦9勝、2着1回!
準優勝戦で②田村が④原田にマクリ差された時のモノだけ!それだけイン有利に進んでいます
ここでモーター比較ですが全体でいいモーターが揃ってますが、中でも吉川の出足と守屋の伸びが素晴らしい!
これに準ずるのが原田の行き足!
イン必勝の流れから①寺田のイン逃げの2着探しのレース!
主力は出足強力な③吉川が握って回って確保、センターの原田はマクリ差して、吉川に舳先を掛けて2マークで逆転を狙う
①③④、①④③

ここにブイ差しからバックの伸び勝負に出る⑥守屋が絡む①③⑥、①④⑥を押さえて、守屋伸びきると
①⑥③、①⑥④になるんで少々!

こんなところで夕方の別府と夜の若松を楽しもうと思います



  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ