ブログ

伊勢崎・G1シルクカップ優勝戦展望~今年最初のグレード頂上決戦、カギはスタートか~

2021/01/11 9:42 閲覧数(166)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
皆様、おはようございます。

1/11(月・祝)、今日のオートレースは、伊勢崎のG1・シルクカップが最終日を迎えます。また、川口(ナイトレース)が4日間開催が2日目を迎えます。

今日は、やはり伊勢崎のG1の方から優勝戦「第12R」をピックアップ致します。
上州・伊勢崎地方は、晴れ時々曇りの予報。雨の心配は無さそうですので、「良走路」のみの想定とします。

優勝戦は、1車1車の短評形式でお送りします。



①仲田 恵一朗 (伊勢崎) ハンデ 10

 準決勝では最内枠からトップスタート、そのままペースを上げて3.357の好タイムで逃げ切りました。ただ、その準決勝はレース自体が大波乱。スタート直後の1角で三浦康と東小野が接触、その煽りを受けて外枠の永井大、早川清が大きく後退しており、主力勢の追撃が少なかったという点は加味する必要がありそうです。加えて今日のメンバー構成では、特に弾丸スタートを持つ③鈴木宏の存在は大きく、昨日のようにトップスタートを決められるかどうか、という点に疑問符が付きます。そこを凌げれば、面白い存在にはなりそうですが・・・。


②浅香 潤 (伊勢崎) ハンデ 10

 昨日同様、外に③鈴木宏を置く形となります。その準決勝では、鈴木宏には先行されたものの、そのスタートが早すぎてそれ以外の外枠勢が付いていけなかった事から、被される事なく2番手の位置をキープできたという点が非常に大きかったと考えます。今日は、勿論鈴木宏には先行されそう、かつその外枠勢もスタートが早い車が揃っているだけに、昨日のように「被される事なく」というようになるかどうか、その点が非常に大きな懸念点となります。加えて内の仲田恵もスタートは張り込むでしょうから、挟まれて後ろに押し出される可能性があります。さすがにその位置から追い込んで来れる相手ではなく・・・。


③鈴木 宏和 (浜松) ハンデ 10

 今日の優勝戦の展開のキーマンは、勿論この選手。小さな身体、軽量を活かした弾丸スタートが持ち味で、九割方トップスタートと見ています。問題はそこからですが、今節は機力も有り、連日叩き出している3.37台の本走タイムは、少なくとも昨年1年間には出していないレベルとなります。機力も充実、但し突き放して逃げるレベルには無いだけに、今日も昨日同様トップスタートからコースを押さえての走りになるのでは、と考えます。そうなると、銘柄級の選手に対してはやや分が悪いかな、という気がしています。


④三浦 康平 (伊勢崎) ハンデ 10

 3日目以降機力が激変、一気に上位勢と肩を並べるレベルに仕上がりました。スタート含めて自分の展開に持ち込みさえすれば、チャンスがあるかもしれません・・・が、今日は少なくとも③鈴木宏に対してはスタートを許す形になるでしょう。自分の展開に「持ち込めなかった」時は、その後、機力ほどのレースを展開できるかどうか、という点が気掛かりとなります。機力を活かせる展開に持ち込めるかどうかがカギとなりそうです。


⑤高橋 貢 (伊勢崎) ハンデ 10

 ここから6枠の金子大、7枠の荒尾聡までは、ちょうど昨年11月の浜松G1秋スピ優勝戦と全く同じハンデ・枠順となります。
 この時は0m3車、10m5車というハンデ構成でしたので単純比較は難しいですが、少なくとも外の2車には先行しており、やはり百戦錬磨の実力者、ここ一番のスタートには目を見張るものがあります。そのG1秋スピでは最後の最後まで先頭でしたが、鈴木圭がゴール前追い込み、写真判定で僅かに差し変わっての準優勝。今日も同様の展開が考えられます。大外には絶好調の青山周が居りますが、逆転あるならこの車、と見ています。


⑥金子 大輔 (浜松) ハンデ 10

 抜群のスタート力までは無いだけに、この枠・相手関係となると、やや後方からの追い上げという形になりそうです。機力自体は仕上がっており、十分戦えるレベルと考えますが、展開面からアタマまで突き抜けられるか、という点には若干疑問符が付くかなと考えています。


⑦荒尾 聡 (飯塚) ハンデ 10

 昨日の準決勝では注文通りの大外カマシが決まりました。外枠からのカマシスタートは、やはりこの選手の持ち味。ただ、問題はそれが優勝戦でも決まるかどうか、です。今日は外に更に1車居る形、しかもそれがスタート「超安定」の青山周となると、話が変わってきます。これまでも、記念の準決勝ではキレイに決まっても、優勝戦では位置取りが悪くなるという事もよくあるイメージで、そうなると「追い込める機力」という点ではこの中で少し見劣りするかなと考えています。


⑧青山 周平 (伊勢崎) ハンデ 10

 連日の本走3.33秒台は、常にスタートからゴールまで全くミス無く展開できるという証。持ち前のスピードだけでなく、それを常に発揮できる「安定感」こそ、特筆に値します。昨日の11Rのような、もうどうしようもない大きな不利を被らない限りは、スタートから既に好位置を取れそうで、No.1らしいレースを展開する事でしょう。ただ、メンバー的には勿論、今節で最も手強い相手。展開が紛れる可能性についても少し念頭に置く必要はありそうです。



以上を踏まえて、前予想の目は以下の通りです。

[2021.01.11] 伊勢崎
G1シルクカップ・最終日
【12R】優勝戦  4100m(8周)
良        
 ①仲田恵(伊)10
 ②浅香潤(伊)10
▲③鈴木宏(浜)10
 ④三浦康(伊)10
○⑤高橋貢(伊)10
△⑥金子大(浜)10
注⑦荒尾聡(飯)10
◎⑧青山周(伊)10

(良走路)1周2角立上り想定 ←③④⑤⑧①⑥⑦②

<良走路>
本線(3単):8-35-3567
押え(3単):5-8-367、8-6-5


以上です。
本日も、少しでも車券のお役に立てれば・・・と思います。

★2020年の走路別成績については、以下の画像をご参照ください。

  • 投稿画像1
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ