ブログ

岸和田高松宮記念杯競輪決勝

2022/06/18 19:59 閲覧数(253)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
高松宮記念杯競輪の決勝です!

3日目に失格や落車が多く出走表が出るのが、いつもより遅くなりました

1レースが5車立て、2レースは6車立て!

G1で5車立てのレースなんて、かなり希少な出来事ではないでしょうか

今は見慣れていますけど、これがコロナ前の9車が当たり前の頃だったら、ちょっと騒ぎになったのかも?

なんてツマラナイ心配をしてしまいました


では、いつもの1着ポイント指数はこうなりました

①古性    120.9   1位
②諸橋    114.3
③佐藤    118.7   2位
④成田    115.9
⑤荒井    117.2
⑥小松崎   110.0
⑦山田    114.4
⑧園田    112.2
⑨郡司    118.0   3位


当然ながらS班の3人がポイント上位になりました

こうして見渡すと、東から勝ち上がった5人のうち郡司以外は青龍賞のメンバー
西は古性だけ白虎賞に出ていて、九州3人は着実な勝ち上がりでした

今節はスタート牽制と3番手の伸びが、少し印象に残ります、スタート牽制に関しては、先行するには後ろから!ってことで、押さえに動くタイミングも押さえて駆けられるようなケースもありました
この決勝は小松崎の先行を山田が早めに叩いて行って、郡司の捲りに併せて荒井が番手から出るが、郡司に行かれて、諸橋と荒井が絡むと園田が切り替えて郡司を追って、古性の捲りが飛んで来る展開!
もちろん園田の差しもあると思います

2車単・3連単
⑨郡司、⑧園田、①古性のBOXで狙ってみようと思います!

あとは小松崎の先行がキレイに決まった時の③佐藤④成田の折り返しが別線勝負です

そういえば成田が勝った高松宮記念杯も新田の先行を差して、3番手伏見で福島の1~3着独占でしたね

ひょっとしたら今回もあるかも?

なんて、思い巡らすとドンドン手が広がっていっちゃいそうなんで、予想はここまでにしておいて、明日の決勝を楽しみにしようと思います


  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ