ブログ

東京大賞典と平塚ヤンググランプリ

2020/12/29 6:53 閲覧数(362)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
中央競馬の有馬記念はクロノジェネシスが1番人気に応える結果でした

では、地方競馬のグランプリの東京大賞典はどうなるでしょう?

と聞くのか野暮でして、誰がどう考えても⑦オメガパヒュームが、3連覇濃厚でしょう

オメガパヒュームの大井2000mの実績が6戦して、3勝2着3回とパーフェクト連対を続けております
しかも3勝は東京大賞典2勝、帝王賞1勝
2着はJBCクラシックとジャパンダートダービーでのモノと全てがJpn1とG1でのものなのです

前走の、JBCクラシックのあとは、得意でない中京のチャンピオンズカップはスルーして、こちらに向けての仕上げ!
強敵といえるクリソベリル、チュウワウイザードの出走もない、ここは相手関係もグーンと楽になりました

G1・Jpn1実績からみるとジャパンダートダービーを勝った⑤ダノンファラオ、フェブラリーSとジャパンダートダービーを中央在籍時に勝った⑧ノンコノユメとなります
南関戦に限れば⑯ミューチャリーが羽田盃勝ちがあるといったところです

浦和記念を勝った勢いからすれば⑤ダノンファラオがオメガパヒュームの相手の筆頭に上がると思いますが、堅実さでは劣る面があります、もちろん力があることは前走を見ても押さえには必要です

では、どの馬をオメガパヒュームの相手に買うのか?⑨ウェスタールンドに魅力を感じます!典型的な追い込み馬で、あの小回りコースの浦和記念では捲りながらダノンファラオにタイム差なしの3着、これが直線の長い大井に変われば存分に力を発揮してくれるとみます、追い込み馬で大井が初出走というのも意外な気がします
馬券はオメガパヒュームをアタマにウェスタールンドを2着・3着にして流します

ヒモは先出の⑤ダノンファラオ、いつも一歩足りない⑯ミューチャリー、前に行って末脚がシッカリしている⑭カジノフォンテン、昨年の3着馬の③モジアナフレイバー、ウェスタールンド同様に追い込んで来る⑩ハナズレジェンドの5頭へ!

3連単
⑦→⑨↔️⑤⑯⑭③⑩

馬単
⑦→⑨⑤⑯⑭③⑩

今日の大井はナイターではありません!発走時間が15時40分ですので間違いのないように、お気をつけを!

そして、平塚のヤンググランプリ!
例年のヤンググランプリは単騎ばかりのレースですが、今年はラインが出来て4分線です

展開は⑧小原の逃げを早めに叩くのが⑤坂井とみます!

これを捲ってくる①松井が突き抜けるとみます

車券は①松井から力勝負の⑤坂井!坂井の番手から出る④小林、松井マークからシッカリ付いて行っての③宮本とみます

2車単
①→⑤④③

3連単
①→⑤④③→⑤④③

こんなところで今日は買ってみます


さてさて、どんな結果が出ますか

楽しみに待ちたいと思います

  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ