ブログ

競輪祭決勝

2020/11/23 4:30 閲覧数(574)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
競輪祭の決勝メンバーが出揃いました

初日に脇本の落車に大丈夫かぁ?

って心配をしましたが、骨折はないとのことで、まずは一安心

とはいえ、脇本がいるのといないのとでは、各レースのメンバーや展開が微妙にズレて来ます

そして、準決勝での松浦の失格でまた、決勝にいるべきメンバーがいないので、展開にも影響が大きくありそうです

松浦の失格によって繰り上がりの3着で優参は④松井!ダイヤモンドレーサー賞でも連携して番手捲りで、1着の⑨郡司が大きくチャンスになりました!もちろん自力も強力ですが、このメンバーで先行を主張するのは④松井だけとみます、その番手廻りなら、捲りに併せて止めてから踏んでも善し、スンナリの番手捲りに行くも善しで、好きにレースができそう

関東は③平原が前かと思ったら⑥鈴木が前で南関の先行の後ろからの捲りになりますか、⑨郡司の番手捲りを封じられるか、当然ながら大阪コンビの②古性もグランプリへの一発を狙って動くなら、⑨郡司の位置へ飛び付きやイン粘りがあるかもしれません

単騎になった①新田は9番手からのレースになって苦しいことになりそう、しかし準決勝の最終レースに乗って、決勝メンバーが6人決まっていて、誰も東北がいない状況での8番手捲り、後ろに付いてる和田圭が付けきれないのも仕方なしで、①新田の単騎は、そうした面があると思います

となるとここも①新田は9番手からの捲りでグランプリ出場権を狙うことになりそうです

ただし、②古性や⑥鈴木の動き次第では隊列の短い9番手の可能性もあります

オーソドックスな考え方なら⑨松井が先行!4番手を⑥鈴木が回り、7番手に②古性で①新田は9番手の形から、⑥鈴木の仕掛けに⑨郡司の番手捲りで対抗、さらに外を①新田が捲る展開を予想しますが、グランプリの権利のかかったG1の決勝がそんなにスンナリした展開にもなるのでしょうか?

②古性がインで粘っての一発もありそうです、準決勝で中団の深谷をキメて、そこからのまくりを放った⑨郡司が番手絶好の展開は誰しも嫌なはず、②古性が押さえ、④松井が来るときに粘っていれば、⑨郡司を⑧稲川が攻めることもありそう!そうなれば②古性が④松井の後ろにハマるなんてのもあるかもしれません、⑨郡司と⑧稲川がもつれるようなら、展開は②古性に味方しそう、捲り追い込みの①新田や捲る③平原、さらに競り合いの内から⑦和田なんて辺りか相手になれば高配当

あるかどうかもわからない展開ですが、ひょっとしたらの穴が空くかもしれません

穴めで②古性から入るので、買い目を絞るのはもったいない全通り行きますが
④松井⑧稲川①新田⑦和田の4人を厚く入れての総流しとします

2車単
②→④⑧①⑦本線
②→③⑤⑥⑨押さえ

としますが⑥鈴木の自力が不気味で南関封じで④松井とやり合うつもりなら、俄然、①新田の捲りが有力になってくる

そんな時の
2車単
①→③②⑨も押さえておきたいと思っています

このレースによって平塚グランプリのメンバーが確定します

注目のレースです
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ