ブログ

過去10回のデータをもとにKEIRINグランプリを予想しました

2022/12/29 22:59 閲覧数(1777)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。

募集テーマ:年末ビッグレースの展望と予想

過去10回(2012年~2021年)のKEIRINグランプリで、
「車番、能力値順位、所属地区、選手の年齢、ラインの長さ、ライン上の位置、選手の九星」
の7項目に注目して選手の「勝率-2連対率-3連対率」および「レース着点」を調査して、レース着点との関係を示す回帰方程式を作成し、
今年の出走メンバーにこれに適用して車券予想を行ないました。

前半の分析部分は退屈な文が続きますので、特に興味がない方は 結論部分の「◆今年のKEIRINグランプリ車券予想」だけをお読みください。

◆過去10回のKEIRINグランプリ調査

1.車番別の勝率・連対率・3連対率
過去10回(2012年~2021年)のKEIRIN-GPでの車番別の(勝率-2連対率-3連対率)は次のとおり。 
 1番車(10%-10%-30%) 2番車(10%-40%-50%) 3番車(20%-50%-50%)
 4番車(40%-40%-50%) 5番車( 0%-10%-10%) 6番車(10%-30%-30%)
 7番車( 0%- 0%- 0%) 8番車( 0%-10%-60%) 9番車(10%-10%-20%)

勝率は4番車がトップです。特に ここ3年連続して4番車が1着でした。
2着には2番車・3番車が多く、そして3着は直近10回のうち5回が8番車でした。
7番車は直近10回で3着までに入ったことがありません。

1着20点、2着10点、3着5点、4着2点、5着1点、6着以下0点として、車番別に過去10回分の平均着点を計算すると、
1~9番車の点数配列は [ 3.7 , 5.7 , 7.1 , 8.8 , 1.4 , 4.6 , 0.5 , 3.5 , 2.8 ] となります。
点数が高い順に車番をならべると次のとおり。
 4番車→3番車→2番車→6番車→1番車→8番車→9番車→5番車→7番車

2. 能力値順位
ここでは能力値の指数としてG指数を使用しました。(競走得点を用いてもほぼ同様の結果になるはずです)
出走メンバーをG指数が高い順に1位~9位とした場合に、過去10回のKEIRIN-GPにおける各順位の(勝率-2連対率-3連対率)は次のとおり。
 1位(10%-20%-40%) 2位(10%-40%-60%) 3位( 0%-10%-20%)
 4位( 0%- 0%-20%)  5位(10%-10%-40%) 6位(40%-60%-60%)
 7位(30%-50%-50%) 8位( 0%-10%-10%) 9位( 0%- 0%- 0%)

意外と能力値上位選手の勝率はそれほど高くなく、6位・7位の選手が 勝率が高くなっています。

1着20点、2着10点、3着5点、4着2点、5着1点、6着以下0点として、G指数順位別に過去10回の平均着点を計算すると、
[ 4.5 , 6 , 1.9 , 1.5 , 3.6 , 10.2 , 8.4 , 1.4 , 0.6 ] となります。
点数が高い順にG指数順位を並べると次のとおり。
  6位→7位→2位→1位→5位→3位→4位→8位→9位

3. 所属地区
選手の地区別の(勝率-2連対率-3連対率)です。
 北日本 -- 19選手中 1着 1回 2着 2回 3着 s回 ( 5%-15%-31%)
 関 東 -- 24選手中 1着 1回 2着 3回 3着 3回 ( 4%-16%-29%)
 南関東 -- 4選手中 1着 1回 2着 0回 3着 1回 (25%-25%-50%)
 中 部 -- 12選手中 1着 3回 2着 2回 3着 2回 (25%-41%-58%)
 近 畿 -- 18選手中 1着 4回 2着 3回 3着 1回 (22%-38%-44%)
 中 国 -- 10選手中 1着 0回 2着 0回 3着 0回 ( 0%- 0%- 0%)
 四 国 -- 0選手中 1着 0回 2着 0回 3着 0回 ( 0%- 0%- 0%)
 九 州 -- 3選手中 1着 0回 2着 0回 3着 0回 ( 0%- 0%- 0%)

過去10回における優勝回数は 近畿が4回でトップ、次いで中部の3回です。
北日本・関東・南関東がそれぞれ1回ずつあり、九州・中国・四国の選手は3連対にも絡んだことがありません。

1着20点、2着10点、3着5点、4着2点、5着1点、6着以下0点として、過去10回の各地区の1選手平均点を算出すると、
北日本~九州の順の点数配列は [ 3.4 , 3.0 , 6.5 , 7.6 , 6.7 , 0.5 , 0.0 , 0.7 ] となります。
点数が高い順に地区を並べると次のとおり。
  中部→近畿→南関東→北日本→関東→九州→中国→四国

4. 選手年齢
出走時の年齢を下の6つの年齢帯に分けて集計しました。
 ~27歳 -- 10選手中 1着 0回 2着 0回 3着 0回 ( 0%- 0%- 0%)
 ~31歳 -- 22選手中 1着 3回 2着 4回 3着 3回 (13%-31%-45%)
 ~35歳 -- 23選手中 1着 1回 2着 3回 3着 4回 ( 4%-17%-34%)
 ~39歳 -- 16選手中 1着 3回 2着 1回 3着 1回 (18%-25%-31%)
 ~43歳 -- 13選手中 1着 3回 2着 3回 3着 1回 (23%-38%-46%)
 44歳~ -- 6選手中 1着 0回 2着 0回 3着 1回 ( 0%- 0%-16%)

過去10回において 27歳以下の選手が3連対に絡んだことはありません。
また 44歳以上の選手も3着に1度入着しただけです。
KEIRIN-GPは 28歳~43歳までの選手が主役となるようです。

1着20点、2着10点、3着5点、4着2点、5着1点、6着以下0点として、過去10回の各年齢帯の1選手平均点を算出すると、
(~27歳)→(44歳~)の順の点数配列は [ 0.3 , 5.7 , 3.6 , 4.9 , 6.6 , 1.2 ] となります。
点数が高い順に年齢帯を並べると次のとおり。
 「38~43歳」→「28~31歳」→「36~39歳」→「32~35歳」→「44歳以上」→「27歳以下」

5. 所属するラインのライン長
並びでの所属するラインのライン長による分類で集計しました。
 1車(単騎) -- 14選手中 1着 3回 2着 1回 3着 3回 (21%-28%-50%)
 ライン2車 -- 36選手中 1着 3回 2着 4回 3着 2回 ( 8%-19%-25%)
 ライン3車 -- 36選手中 1着 3回 2着 5回 3着 5回 ( 8%-22%-36%)
 ライン4車 -- 4選手中 1着 1回 2着 0回 3着 0回 (25%-25%-25%)

昨年優勝した古性選手もそうでしたが、意外と単騎選手の成績が良いようです。
今年同様に4車ラインが出現したのは2018年静岡開催時の近畿4車結束の1度だけですが、その時は4車ラインの2番手をまわった三谷竜生選手が優勝しました。

1着20点、2着10点、3着5点、4着2点、5着1点、6着以下0点として、過去10回の各ライン長の1選手平均点を算出すると、
「1車(単騎)」→「ライン4車」の順の点数配列は [ 6.4 , 3.4 , 4.1 , 5.3 ] となります。
点数が高い順にライン長を並べると次のとおり。
 「1車(単騎)」→「ライン4車」→「ライン3車」→「ライン2車」

6. ライン上の位置
並びでのライン上の位置(何番手か)による分類で集計しました。
 単騎    -- 14選手中 1着 3回 2着 1回 3着 3回 (21%-28%-50%)
 ライン先頭 -- 31選手中 1着 0回 2着 3回 3着 4回 ( 0%- 9%-22%)
 ライン2番手 -- 31選手中 1着 7回 2着 3回 3着 3回 (22%-32%-41%)
 ライン3番手 -- 13選手中 1着 0回 2着 3回 3着 0回 ( 0%-23%-23%)
 ライン4番手 -- 1選手中 1着 0回 2着 0回 3着 0回 ( 0%- 0%- 0%)

過去10回においては、単騎選手が3回1着となった他は、すべてラインの2番手選手が1着でした。

1着20点、2着10点、3着5点、4着2点、5着1点、6着以下0点として、過去10回の各位置の1選手平均点を算出すると、
「単騎→ライン先頭→2番手→3番手→4番手」の順の点数配列は [ 6.4 , 1.9 , 6.4 , 2.7 , 0.0 ] となります。
点数が高い順にライン上の位置を並べると次のとおり。
 「単騎」→「ライン2番手」→「ライン3番手」→「ライン先頭」→「ライン4番手」


7.選手の九星
最後に、開催年の九星盤における選手の年家九星(一白水星~九紫火星)の方位(中宮~南東)とKEIRIN-GPの相性を調べました。
方位別の1着数,2着数,3着数と(勝率-2連対率-3連対率)は次のとおり。
 中宮 -- 6選手中 1着 0回 2着 0回 3着 0回 ( 0%- 0%- 0%)
 北西 -- 7選手中 1着 0回 2着 0回 3着 2回 ( 0%- 0%-28%)
 西  -- 11選手中 1着 2回 2着 1回 3着 0回 (18%-27%-27%)
 北東 -- 13選手中 1着 2回 2着 3回 3着 0回 (15%-38%-38%)
 南  -- 11選手中 1着 2回 2着 1回 3着 2回 (18%-27%-45%)
 北  -- 7選手中 1着 1回 2着 0回 3着 2回 (14%-14%-42%)
 南西 -- 12選手中 1着 2回 2着 1回 3着 2回 (16%-25%-41%)
 東  -- 12選手中 1着 1回 2着 2回 3着 0回 ( 8%-25%-25%)
 南東 -- 11選手中 1着 0回 2着 2回 3着 2回 ( 0%-18%-36%)

1着20点、2着10点、3着5点、4着2点、5着1点、6着以下0点として、過去10回の各方位の1選手平均点を算出すると、
中宮~南東の順の点数配列は [ 0.3 , 1.4 , 5.0 , 5.8 , 5.7 , 4.4 , 5.3 , 4.0 , 3.03 ]となります。
点数が高い順(つまりKEIRIN-GPとの相性が良い順)に九星盤上の方位を並べると次のとおり。
 北東→南→南西→西→北→東→南東→北西→中宮


◆今年のKEIRINグランプリ車券予想

過去10回(2012年~2021年)のKEIRIN-GP出走選手の 上の7項目のデータを上で得た点数配列の値にして、
実際の着点(1着20点、2着10点、3着5点、4着2点、5着1点、6着以下0点)を目的変数にした回帰分析によって、回帰方程式を求めました。

着点= 0.450×車番点 + 0.776×能力値順点 + 0.507×地区点 + 0.547×年齢点
   + 0.299×ライン長点 + 0.821×位置点 + 0.408×九星方位点 - 11.90

今年のKEIRINグランプリ出走選手データ、および 回帰方程式で計算した着点は次のとおりです。

No 選手名  年齢 地区   期  G指数 G順 L長 位置 九星 方位  着点
1 古性 優作  31  近畿  100  68.39  6  2  2  九紫 南  12.79
2 郡司 浩平  32  南関東  99   73.11  1  1  0  一白 北   8.38
3 新山 響平  29  北日本 107  64.85  9  4  1  七赤 西   1.79
4 守澤 太志  37  北日本  96   69.59  5  4  3  六白 北西  3.63
5 松浦 悠士  32  中国   98   69.76  4  1  0  一白 北   1.08
6 平原 康多  40  関東   87   70.32  3  1  0  九紫 南   6.27
7 新田 祐大  36  北日本  90   68.26  7  4  2  六白 北西  6.66
8 佐藤 慎太郎 46  北日本  78   65.24  8  4  4  六白 北西  0.00
9 脇本 雄太  33  近畿   94   71.96  2  2  1  二黒 南西  4.12

 
着点トップは 1古性優作選手(12.79点)、2位は 2郡司浩平選手(8.38点)でした。

___ 2車単予想 ___x
 2車単はこの2選手を軸として、着点4位までの選手を連下とし、
  1→276  (古性→郡司,新田,平原)
  2→176  (郡司→古性,新田,平原)
 の計6点。

___ 3連単予想 ___
 3車単は、着点5位までの選手を3着に絡めて、
  1→276→2769  (古性→郡司,新田,平原→郡司,新田,平原,脇本)
  2→176→1769  (郡司→古性,新田,平原→古性,新田,平原,脇本)
 の18点。
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ