ブログ

元のスタイル

2020/06/06 10:11 閲覧数(302)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
新型コロナウイルスの影響で高知競輪場では4月の記念レース以来の先日1日~3日の日程で久し振りのレースが行われました、伝統の「第9回松村憲・松村信定土佐の親子鷹杯」のFⅠ戦でしたしかし無観客に各場外発売も無くネット投票のみの実施でした。この6月開催からは全国斡旋の規模を変更して西の地区だけの選手配分となり普段はよく連携を見せる選手達が同じ四国地区や中国地区が別線勝負の対決が多く見られましたずっと昔にはこんな対戦は多く有りましたが最近では珍しくなってきまして何か走っている選手本人自体も走りずらそうな感じに見えました加えて7月からはレース数も減らして9レース制での7車立てが9月までの予定となっています。最近はミッドナイト、ガールズ戦や午前中のモーニングなどでも7車立ては多くなって来ましたがやはりS級の「ブロック7」のようなレースはやはり迫力さに欠ける印象が強いですね今月6月いっぱいは9人で走るレースですが2ヶ月間物足りない実施となりそうですコロナウイルスの終息を祈るばかりです。

 さて先日終了した決勝戦をここで振り返って見ます。
 まずA級戦近況完全復活の地元「小原周祐(おはら しゅうすけ)」の完全優勝に期待が高まりましたが中国地区の村上竜馬(むらかみ りょうま)の二段駆けを番手捲りの「多田晃紀(ただ あきのり)」が1場所欠場をはさんで3場所連続優勝を決めました小原も3連覇がかかっていましたが惜しくも2着終わりましたが強い小原が戻ってきましたS級復帰は近いでしょう素質の有る彼だけに期待は出来そうです。

 S級戦は主役「松川高大(まつかわ たかひろ)がキップ良く先行を取り番手同県熊本の「中村圭志(なかむら きよし)が差し切ってのVを決め小川勇介(おがわ ゆうすけ)と九州で上位独占となりました初日特選の中村は惜しくも2着でしたが準決勝はライン前田義和(まえだ よしかず)の早目の巻き返しを追い込んでの勝利これが自身S級初優勝となりましたおめでとうございます。地元戦の山中貴雄(やまなか たかお)は決勝戦は総力戦で挑みましたが捲り切れずやや見せ場無しの6着に終わりました中止の開催が続いて地元記念以来の出走となりましたが「練習はしっかりしました手応えは有る」と言っていただけに残念でした次に期待しましょう。

 さて先日高知競輪場でも昼間場外発売からですが「お客様の入場が出来る」情報が入って来ました予定では19日からで本場で走るレースはミッドナイト開催などが有り7月27日からの「ナイター・FⅡ」となります。まだまだ予断を許さないコロナウイルスですがやっと「元のスタイル」に戻るのが近くなってきましたもう少々お待ちください。
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ