ブログ

大垣競輪水都大垣杯決勝予想

2019/07/23 2:35 閲覧数(289)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
初日、2日目と現地入りしておりました大垣競輪の記念水都大垣杯がいよいよ決勝となりました

現地では、Gambooコラムでお馴染みの山口幸二さん、競輪小僧さんと一緒にステージでの予想会

そして特設ブースでは車券ファンを代表して健太郎さんが参加してくれましての予想会を行いました

そこの2日目へ、なんと中部の司令塔!浜口高彰選手が顔を出してくれたのです

前日の深夜まで、一緒に呑んでいたのですが、そこを意気に感じてくれての飛び入り参加、もちろん選手は予想できませんので、こんな展開になると選手はどう考えるのか、あるいはどんな形を、作ろうと選手は走るのか?といった我々競輪ファンの聞きたいことにビシッと答えてくれて、聞いていたお客さんも納得されておりました

岐阜の競輪解説者は山口幸二さん、山田裕仁さん、加藤慎平さんと魅力的な喋りと解説をしてくれる方がいますが、将来はここに浜口選手が加わるのは確実だな!

と思えるトーク力でこざいました

では、その大垣の決勝予想です

まずは並びを

⑨古性①村上博

②和田真④和田健

⑤浅井⑥北野

⑦平原③佐藤慎

⑧宮本

細切れ戦です

宮本が単騎ですかぁ、勿体無いような気がしますよねぇ浅井は空いてるなら、そこへ行く手もあったでしょうが自力で行くようです

考えてみれば初日特選は佐藤慎太郎を連れて積極的に逃げました、最後に山田英明の捲りに屈しましたが、古性の捲りは出させませんでした、外を踏んでいた和田真久留も捲れずの展開に持ち込んでいたのは立派

岸和田の高松宮記念杯は事故点で出られず、そのあとの今月の小松島での失格もあったので番手でブロックしたりするより、自力で捲るつもりなのではないかと思います

推測では位置を狙うためにガリガリと他のラインに勝負するより、自力で捲りを打つ競走がいいはず、ここはチャンスを伺っての捲り一発に懸けるでしょう

平原は2日目の二次予選で桐山、佐々木豪を相手に逃げて押しきるレースを見せた、ここもペースや展開次第では逃げは充分あると思いますが、如何せんサマーナイトが終わって、すぐにここの斡旋、そして来月1日からは地元ながら獲っていない西武園の記念が待っています、そしてオールスターとなっていて間隔は詰まっています、そこで1開催に逃げ2本はやりたくないでしょう、出来れば捲りで仕留めたいところ

じゃあ先行はどこだろう?

積極的に駆けても面白いのが古性でしょう!初日は浅井に駆けられて捲れず、2日目は平原が逃げきったのを見ていれば、行かれると厄介だな!出るだけ出ておいて、捲りに併せて踏み直して勝負に出よう!
と思っても不思議ありません

和田真久留は腰痛の心配があります、サマーナイトの時は悪かったようで、そのときに比べれば大きく復調しているとは思いますが先行するところまであるのかなぁ?と思っております

結論は古性の先行になって捲ってくる平原!これを止めにいく村上と互角の勝負になって

⑦①、①⑦さらに平原が浅井になっているかもしれないので⑤①、①⑤の組み合わせで
①=⑦⑤→⑦⑤③⑨⑥⑧
で狙ってみます

浜口選手も村上は大垣が相性がいいので、気分良く走れるバンクのはずだ!と言ってました

本命で狙うのは平原→村上の買い目となります

狙ってみてはいかがでしょう

追記

車番が平原と佐藤が入れ違えて書いてしまいました

⑦平原③佐藤慎太郎ですので訂正させていただきます

  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ