ブログ

ベイサイドナイトドリーム〜四日市の直線は長い

2021/04/06 6:53 閲覧数(225)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。

募集テーマ:春の思い出

ベイサイドナイトドリーム。
四日間のG3。
初日は最初のガールズのレースから風が強く、選手が四苦八苦しているようにも見えた。
平原康多も、前走のウィナーズカップを引きずっているような感じで、今は買ってはいけないのかな?と思うフシすらある。
それにしても、競輪の野次は汚い。
今一つメジャーにならない理由が、野次なのかもしれない。
Twitterで見た呟きは、松浦悠士にドーピングだと叫ぶ客が居たと言う話だった。
松浦がドーピングしてるとは個人的には私も思わないし、本質的に私とは合わない話かもしれない。
私個人がグレーゾーンにいるのかもしれないが、そもそもギャンブルの性質上、少なくともバレなければドーピングやっていようがレースを走っていても構わないようなものである。
大概の客は自分が思い通りにならない事に当てこするようにヤジを飛ばすのである。
以前前橋の寛仁親王杯を見に行った時も、深谷知広に酷いヤジが飛んでいて、個人的に嫌な思いをした記憶がある。
まるでレースに影響を与えようとするのが目的であるかのような野次は、自分が知る限り競輪では多い。
競輪の客のモラルの低さは、今に始まったばかりではないが、今新型コロナ禍でそう言う状況を見聞きする事自体は、大変な驚きである。
事の善悪はさておき、選手に対して圧力を加えようとしたり、競技を歪曲しようとしたりする野次は、新型コロナ禍でなくても控えるべきではないだろうか?
競輪ファンと言う、ある意味社会的に有り難くないレッテルは、ヤジのレベルの低さに起因するのかもしれない。
2日目。
石井寛子は、悪天候の中危なげなく勝利。
それにしても、勝ちまくっている。
当たり前のように勝っているが、新型コロナ禍に悪天候など、ストレスが多すぎる中で当たり前のように勝つ姿は、やはり一流のそれに見える。
平原康多も危なげなく勝利。
今年の平原は、基本タテよりヨコ、自力より番手の方が、結果が良いように見える。
3日目。
珍しく男女共々準決勝。
ガールズ一般戦の川嶋百香は、地元バンクのはずなのに、相変わらずの強風のせいか、前受けからの第二先行で3着と冴えない。
しかし、小林莉子や石井寛子、平原康多は元より、松浦悠士や浅井康太と言った有力な選手もほぼほぼ順当に勝ち上がった。
やはり力のある選手は、コンディションを言い訳にしない。
そして最終日。
先日の川崎本場観戦で貰った、場外のタダ券をもって川崎競輪へ。
WINTICKETでの買い目
9R ガールズ決勝
3連単フォーメーション
1-236-236
3連複フォーメーション
1=2=345
ワイド
1=7
12R S級決勝
3連単フォーメーション3-19-1579
3連複フォーメーション3=5=179
ワイド 2=3
ガールズ決勝はギャンブーでワイド1=2も追加。
どうなるのか?楽しみでもあり、不安でもある。
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(3)

プロフィール画像

キャプテンマサ

今日も寒い。
意外と気温が上がらない感じがする。
プロフィール画像

キャプテンマサ

余談ですが、土屋珠里の結婚については、ほとんど何も知らなかった。
プロフィール画像

キャプテンマサ

当たったのもあるが赤い
投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ