ブログ

最短でA級1・2班戦を通り過ぎていった男たち

2022/10/04 15:34 閲覧数(361)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
前回(1時間ほど前)、109期・佐伯辰哉選手(広島)と67期・内村豪選手(鹿児島)の複数回の3場所連続完全優勝による特別昇級の話をしましたが、今回はA級1・2班戦を3場所で通過した(S級へ特別昇級した)選手を調べてみました。
2007年以降分(直近15年分)のレースデータでの調査となります。

▼ 1. S級からA級陥落したが、3場所でS級復帰した選手(2007年以降)

該当選手は1人だけでした。
 ◆石山直哉選手(85期・徳島)
   2010年1月にS2→A1降級後、3連続完全Vで2月22日にS級復帰。

ちなみに4場所でS級復帰した選手は3人います。
◇芦澤辰弘選手(95期・茨城)
   2012年7月にS1→A1降級後、2場所目から3連続完全Vで9月1日にS級復帰。
◇金子幸央選手(101期・栃木)
   2015年1月にS2→A1降級後、2場所目から3連続完全Vで2月21日にS級復帰。
◇山口翼選手(98期・茨城)
   2022年7月にS2→A1降級後、2場所目から3連続完全Vで8月3日にS級復帰。


▼ 2. A級3班(チャレンジ)から昇班後、3場所でS級へ特別昇級した選手(2007年以降)

該当者は13人です。なんと、その全員が A3→A2の昇班も3場所連続完全優勝による特別昇班でした。
つまり全員がA級3班(チャレンジ)から6場所連続完全優勝で一気にS級へ昇級です。

また全員がデビュー1年以内の新人時に達成で、木暮安由選手,宮本隼輔選手以外の11人はデビュー半年以内に達成です。
その中でもデビューから負けなし18連勝でS級まで到達したのは、下の●印の6人でした。
96期の深谷知広選手以降しばらく達成者が出なかったのですが、2020年に117期・寺崎浩平選手が達成後一気に5人の新人が達成しています。
A級1・2班戦の7車立て化が進んだとはいえ、最近の男子新人はなんとも強いです。

 ○木暮安由選手(92期・群馬)
   2008年5月にA3→A2特別昇班後、3連続完全Vで8月5日にS級へ特別昇級。
 ●深谷知広選手(96期・愛知 /現在は静岡)
   2009年7月にデビュー後18連勝で9月16日にS級へ特別昇級。
 ○鈴木竜士選手(107期・茨城 /現在は東京)
   2015年9月にA3→A2特別昇班後、3連続完全Vで11月1日にS級へ特別昇級。
 ○南潤選手(111期・和歌山)
   2017年10月にA3→A2特別昇班後、3連続完全Vで12月14日にS級へ特別昇級。
 ○松井宏佑選手(113期・神奈川)
   2018年10月にA3→A2特別昇班後、3連続完全Vで11月20日にS級へ特別昇級。
 ○宮本隼輔選手(113期・山口)
   2018年11月にA3→A2特別昇班後、3連続完全Vで翌年1月16日にS級へ特別昇級。
 ○高橋晋也選手(115期・福島)
   2019年8月にA3→A2特別昇班後、3連続完全Vで10月13日にS級へ特別昇級。
 ○朝倉智仁選手(115期・茨城)
   2019年11月にA3→A2特別昇班後、3連続完全Vで12月15日にS級へ特別昇級。
 ●寺崎浩平選手(117期・福井)
   2020年1月にデビュー後18連勝で3月26日にS級へ特別昇級。
 ●山口拳矢選手(117期・岐阜)
   2020年7月にデビュー後18連勝で9月25日にS級へ特別昇級。
 ●吉田有希選手(119期・茨城)
   2021年7月にデビュー後18連勝で9月21日にS級へ特別昇級。
 ●上野雅彦選手(119期・香川)
   2021年7月にデビュー後18連勝で9月24日にS級へ特別昇級。
 ●中野慎詞選手(121期・岩手)
   2022年1月にデビュー後18連勝で4月17日にS級へ特別昇級。
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ