ブログ

小松島競輪が駄目でも川口オートがある。そのくらいの弛緩が必要だろう。

2022/07/02 20:11 閲覧数(193)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
 準決三番で買った車券を恥ずかしげもなく晒す。
 第十競走は太田竜馬を久米良が差しちゃう二車単。太田が一周以上逃げたから期待してしまった。「差せるぞ久米」とテレビにむかって声を出したのは実にかっこわるい。久米はハコ五(着)でした。
 第十一競走は佐藤慎太郎が面倒見て、眞杉匠-シンタロウそのままの二車単。眞杉がすこんと行けないから(昨日と似たような感じだったな)、慎太朗が内をキメに行った時点で俺の車券は終了。
 第十二競走は松浦悠士-小倉竜二-室井竜二の三連単のオッズを凝視しながら背水の陣。そのままじゃ安すぎる。千円切りそうだけど寸チョンでいくか。いや、四千円以上あると無謀にもズブズブに決定、さすがに差しただけの車券を押さえた。「これならズブズブにできるぞ」と画面ににじり寄ったはいいが……。テレビの精から𠮟られそうだ。「旦那さん、そりゃ無理ってもんですぜ――」
 ま、ちょっとだけ戻って来たからよしとしよう。
【小松島記念競輪決勝】地元が四人も乗ったものだから、太田竜馬-阿竹智史-小倉竜二と松浦悠士-室井健一にわかれた。松浦はどうするんだろう。ま、あからさまに太田ラインの邪魔をすることはないだろうけど、松浦の後ろだって地元だ、しかも地元四人の中では一番の年長者である。高久保雄介-志智俊夫は準決でお腹いっぱいなどとは言わないけど、準決で相当量のつきを消費してしまった? 単騎の眞杉匠はナンダカネエ、とくに今回のもこもこ捲りばかり見ていると、援軍なしじゃきついような気がする。逆に山田庸平は単騎上等というタイプ。準決では佐藤慎太郎に寄せられたけど軽くいなした。高松宮記念杯競輪準優勝直後の記念開催を三着一着一着、しかも三日間とも山田らしい競輪を披露した上での結果である。「太い流れ」を感じずにはいられない。
 まずは⑤③と③⑤の二車単、あとは⑤⑦⑨と⑤⑨⑦の三連単を買います。


  • 読者になる

現在、コメントの投稿を受け付けていません。

TOPへ