ブログ

浜松・普通開催初日展望~終日雨天予報、今日は湿走路の戦いか~

2020/02/16 8:44 閲覧数(96)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
皆様、おはようございます。

2/16(日)、今日のオートレースは、飯塚(昼間)4日間開催が最終日を、浜松(昼間)3日間開催が初日を迎えます。

今週より、少し更新ペースを上げ、「週2回更新(毎週土・日曜日)、前日振り返り無し」の形とさせて頂こうと思います。
今後、状況次第で少しずつペースを上げ、最終的にはこれまで通りの毎日更新まで持って行ければと考えております。
当ブログをご愛顧頂いている皆様に対しましては、私事都合による措置で大変心苦しく思っておりますが、今後も末永く続けていきたいと考えておりますので、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

さて、今日は浜松の方から「第12R」をピックアップ致します。
遠州・浜松地方は終日の雨天予報。今日は「湿走路」のみの想定とします。
(湿走路の場合は想定試走無し)


<ハンデmの後の印>
 △:今節よりハンデ10m軽化
 ▼:今節よりハンデ10m重化


[2020.02.16] 浜松
普通開催・初日
【12R】予選  3100m(6周)
湿          2020年成績(湿のみ)
 ①宍戸繁(川)0  [ 0, 0, 0, 0]
▲②安東久(山)10  [ 0, 0, 1, 4]
○③野田光(浜)20  [ 1, 0, 0, 0]
 ④石貝武(浜)20  [ 0, 0, 0, 1]
△⑤筒井健(浜)30  [ 0, 1, 0, 1]
 ⑥武藤博(川)30  [ 0, 0, 0, 4]
注⑦濱野淳(山)40  [ 0, 0, 0, 1]
◎⑧鈴木圭(浜)50▼ [ 3, 0, 1, 0]

※2020年成績は、左から1着、2着、3着、着外の回数(独自集計)を示す。

今節は⑧鈴木圭がスーパーハンデでの出走となるが、当コラムでは何度か触れている通り、青山周・鈴木圭の両名については、主力のライバルが少ない予選道中では、10m後ろに下げられようが殆ど考慮する必要は無い。その距離を詰める分の、ほんの少しの攻め遅れがある程度と考えれば良い。
湿走路に関しても、これまでは成績にムラがあった⑧鈴木圭であるが、コツを掴んだか、今年に入っては上記に示す通り4戦3勝、3着1回と車券圏内を外していない。相手関係を見ても、唯一勝負になりそうなのが湿走路巧者・③野田光くらいで、それ以外のメンバーに対しては実績面でも圧倒していると考えて良さそう。スーパーハンデでも無関係、この相手なら堅い軸となろう。相手も③野田光でまずは良さそう。
その次位争いでは若干捻りを加えたい。本筋で考えれば3番手には今年2着を1回マークしている⑤筒井健で、おそらくは8-3-5がガチガチの1番人気になるのでは?というのが下名の見立てであるが、そこに割って入ってもおかしくないかな、と思っているのが②安東久。上記で示している通り、今年は既に湿走路で5走、そのうち3着が1回あるだけであるが、その内訳を見てみると、「タイムがかかる(=重い湿走路の)方がより良い成績になっている(3着の1回は本走3.882、他に4着が1回あるがこの時は3.904、それ以外(全て6着)は3.7秒台)。今日の浜松は終日雨天、しかも夕方にかけて強く降る予報になっており、この12Rが行われる時間帯はかなり「水が浮く」重い湿走路になっているのでは、と推測しており、むしろ②安東久にとっては、どちらかというと実績が上の走路になりそう、と考えられる。さすがにトータルの実績面で強くは推せないが、ハンデ位置的にも一発あれば此処か。配当的妙味も有り、こちらを単穴の3番手評価とさせて頂く。
これに⑤筒井健、⑦濱野淳までを連下に押さえる。

<湿走路>
本線(3単):8-23-2357
押え(3単):3-8-257、8-5-3


以上です。
本日も、少しでも車券のお役に立てれば・・・と思います。

  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ