ブログ

車券も買ってないのに弥彦記念競輪後記

2022/07/31 17:55 閲覧数(367)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
 記念競輪の決勝に手を出さなかったなんていつ以来だろう。
 金額の多寡にかかわらず長年月参加していたはずだけど……ま、「連続出場」の記録がかかっているわけでもないから。「見」の理由もたいしたことではなく、些事ゆえ記すこともはばかられる。
 レースが終わってちょっとして、ふと先日の佐世保記念を想い出した。地元の井上昌己が守澤太志にきめられちゃったやつだ。今日の弥彦記念も地元の諸橋愛が飯野祐太にガンガン競られていた。うん、待てよ。調べた――。やっぱりそうだ。
 佐世保記念は中川誠一郎-山田庸平-井上昌己のブン回しで、弥彦記念は吉田拓矢-平原康多-諸橋愛でブン回しだった。どちらも車番に書き直すと「九番-五番-一番」じゃありませんか! しかも三番手の地元の一番車だけがいなくなるという結末も一緒である。大発見でもしたように綴る愚者がここにひとり。
 戦前、福島三人そろったはいいが、飯野祐太の引っぱりじゃ寒いと思っていた。案の定叩かれてしまったがそのあと――諸橋愛を放り上げにかかる――が凄まじかった。鬼になった飯野はかっこよかったなあ。吉田拓矢に先着したのも賛辞に値すると思う。
 成田和也に荒井崇博。どちらも「ひいき」の選手なのに……と、悔やむところがまた女々しい。
  • 読者になる

現在、コメントの投稿を受け付けていません。

TOPへ