ブログ

ことわざあれこれ

2022/03/14 9:41 閲覧数(241)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
1年は12ヶ月しかありませんが、早いもので3月も半ばを迎えようとしております。
本当に月日の経つのは早いものです。
全国的にも言われているとは思いますが、高知の言葉で言えば1月はいぬる(帰る)、2月は逃げる、3月は去ると年配の方がよく喋っていました。
若い方は知らないかも・・でも僕達みたいに歳を重ねるほど、昔よく聞いた、いわゆる「ことわざ」の意味が段々と理解出来るようになって来ました。
でもそのことわざの意味全てが間違いのない内容だと分かって、最近は年を感じる日々を送っています。
他には「石の上にも三年」。これはどんな仕事をしている方でも3年我慢すれば、そのメドが立つという意味だと思います。
「七転び八起き」を仕事に例えると、7回失敗しても8回目には成功するということでしょうか?
「鳶(とんび)に油揚げ」は、せっかく仕事が上手くいったのに他の人に奪われてしまう事です。

何故、今回このような「ことわざ」を書いたかと言いますと、実況放送40年を経過した僕にとっては、全て競輪のレースに当てはまると思ったからです。
「石の上にも三年」は、最近強い若手選手が増えてきましたが、デビューして3年目ぐらいで突然頭角を現している選手を良く見かけます。いわゆるレースでの判断力が分かって成績アップが原因だと思います。
七転び八起きは、怪我や病気などでランクを落としても懸命に努力と練習を積み重ねた結果、ようやく上位戦に戻って活躍している選手の事だと思います。
鳶に油揚げは、レースの流れで番手の位置を取りきっていたのに、別のラインの選手が好位を奪って尚且つ(なおかつ)頭を決めた事でしょうか?何れも僕が勝手に決めた事ですから間違いかも知れません。そう考えて見ると、ことわざと競輪のレースは似ている様な気がします。

他にも沢山ことわざはあると思いますが、知っていれば教えてくだされば幸いです。今回は全然内容が飛んだ事を勝手に明記しました。
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ