ブログ

いわき平競輪の記念の決勝

2021/02/28 7:34 閲覧数(260)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
全日本選抜競輪は地元の川崎バンクで郡司浩平が優勝を決めて幕を閉じました

その翌日が前検日に当たるので、川崎からの転戦組はなくS班不在で始まった

いわき平競輪のG3「いわき金杯争奪戦」が決勝です

地元からは①飯野祐太④庄子信弘が勝ち上がってラインを組みます

関東は現在絶好調と言える②森田優弥が⑧朝倉智仁に前を任せ、3番手を⑤河野通孝が固めます

そして、栃木の⑦隅田洋介は単騎でやるとのこと、昨年の青森の国際トラック支援競輪では長島大介の番手から伸びてG3は獲得しているので2つめを狙います


注目の近畿の3人は⑨村田雅一が前で③鷲田佳史がマークし、3番手を⑥西岡正一が回りますが、村田のコメントにある通り、番手を含め何でもということは関東ラインの朝倉の後ろを狙ってくることになりそうです

朝倉が駆けて、森田の番手捲りなら関東の②⑤決着でしょうが、そんな展開を近畿は作らせないでしょう!番手の位置を村田がビッシリと競り掛けていって封じるはず、競りなら村田に分があるとみます

森田は奪われても自力で踏めるので、もし奪われたら自力で行くこと作戦で伝えてる可能性もありそうです、ただし最初から自力でやるのとは違うので、力は認めても割り引いて考えます

隊列が短くなれば飯野が一気に叩くケースは考えられて、番手から庄子が伸びて初の記念制覇を考えます

40歳手前でS級へ上がってきて、一昨年函館のF1で初優勝、昨年の久留米で2度目の優勝!その時は奇しくも森田も同乗していまして、さらに4番車でもありました

きっと本人も覚えているはずで、一発やってやるぞ!という気でいるのではないでしょうか

飯野がいってくれれば、自力での踏めます!二次予選のように、目まぐるしいような、縺れた展開なら伸びてくるのでは?と期待を込めて狙ってみたくなります

庄子がくる展開なら縺れて、スンナリはならないとみます!

こんなことを書くと、怒られちゃうかもしれませんが、庄子の2度の優勝は落車のあったレースで荒れてます、起きては欲しくありませんが、真剣に戦っているからこそ、何が起きるか判らないのがレースです

そこで配当もいいので総流しをしながら

飯野、隅田、村田は厚く入れて、この3人は裏目も押さえてみたいとおもいます

2車単
④→全
①⑦⑨→④

ちょっと欲を張りすぎですかねぇ
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ