ブログ

たまにはあるのよ。(笑)

2020/01/29 12:18 閲覧数(272)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
みなさん、こんにちは。

子供の頃から「敵も多いけど味方も多い」と言われ続けてきて、人前で競輪を語る仕事をさせてもらうようになった今、益々それに拍車がかかっている、
「嫌われ者で人気者」店長(座長)です。(ブワッハッハ~)

もちろん、
「ほとんど嫌われない人気者」
が、理想であることは間違いありませんが、それは性格的(キャラ的)に無理。
ならば、
「あまり嫌われないし、あまり人気も無い」

「嫌われ者だけど人気者」
の、どちらかを目指すしかない。
「とにかく敵だけは作りたくない」
というゆとり思考(?笑)とはまったく無縁の私ですから、
いいんだと思います。今のままで。(ガッハッハ)

さて、
競輪ファン歴が長ければ長いほど、
「脚力が劣る(衰えた)ベテラン追込選手の、展開に恵まれての一発」
を狙いたくなることと思います。
理由を挙げるとしますと、
まずは
「競輪は、圧倒的に番手が有利」
という意識が強いこと。
「力三割、展開七割」
と言われてきた競輪だけに、多くのベテランファンが
「誰が力があるか」よりも「誰に展開が向くか」を優先して予想しますから。

あとは、
ベテラン追込選手が強かった頃のイメージを忘れられない。
特に、根性やキレ味を見せてくれた結果、穴車券を取らせてもらった選手のことは、
いつまで経っても
「あの頃の根性(キレ味)を、また見せてくれるんじゃなかろうか」
と、期待を込めて見てしまう。
私を含め、ベテランファンが
「10年前の⚪⚪なら、この程度のメンバー相手だったら自分で捲っちゃうかんね」
と言っているのを、よく耳にしますでしょう???(笑笑)

冷静に「今の競輪」を見ますと、
「力三割、展開七割」の世界ではなくなっていて、特にチャレンジ戦は
「力八割、展開二割」くらいじゃないかしら。
強い若手自力選手の後ろにベテラン追込選手がついて、まずは流れ込むことが難しく、千切れることのほうが圧倒的に多い。
流れ込めたとしても追走いっぱい。
差しちゃうことなんてほとんどない。
しかし、絶対にないわけじゃないのよ。

たまーに、極たまに、
根性で差しちゃうことがあるんです。

根性で差しちゃう車券を買っていると、取った時にめちゃくちゃ嬉しいのよ。
「ほら~、⚪⚪の根性は半端じゃないんだから」
ってね。(笑笑)
配当もいいですし。(ニヤリ)

千切れて別線自力選手との力勝負で決まったり、根性の流れ込みが精一杯って車券は、取っても嬉しくないのよ。
配当も悪いですし。(ニヤリなし)

「当たるかどうか」ではなく、「当たった時に儲かるか」や「当たった時に気持ちいいか」を優先するタイプの私は、
めったに来ないけど、根性で差しちゃう車券を買うんです。

言い方を替えれば、めったに来ないから余計に買いたくなるんです。(笑笑)

差せなくて
「やはり根性だけではどうにもならないか」
と思うことがほとんどですが、
そんな負けは、決して負け惜しみではなく、あまり悔しくはないんです。

だから、また買うんです。

ベテラン競輪ファンには、ベテラン競輪ファンなりの楽しみ方があり、それを楽しめばいいと思いますし、
力とデータ(競走得点等)を重視する人は、それを買えばいい。
どちらも、当たった時に
「自分とは違うスタイルで買う人達のおかげで、配当的に美味しくいただきました」
と思えばいい。(笑笑)

それが、最低でも競輪人気維持には繋がるのですから。
競輪人気爆発に繋がるとは、残念ながら思えませんが。(フッフッフ)

では、また。






  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ