ブログ

おい、静岡勢!!!!

2019/05/22 13:56 閲覧数(360)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
みなさん、こんにちは。

松戸ダービー最終日あたりがピークで、目立たぬ感じで徐々に調子が下がってしまっている、店長(座長)です。

常々申し上げておりますが、
車券の調子なんてものは、いつ上がるか下がるかだけでなく、上下する理由さえわかりませんので、
常に
「打てそう(取れそう)なレースに絞って、儲かるように打つ」
というスタイルで、慎重に打ち続けることしかできません。

その中で、調子が上がってくることや、好調の維持を願うのみ。

「博打なんてそんなもん」
と言ってしまえばそれまでですが、
なんて運任せの世界なんでしょう。(笑)

好きでそんな世界に身を置いているわけですから、
打ち方に工夫をこらして、ダメな時に小さく負け、やれる時に大きく勝てるような立ち回りを、楽しみながらやっていくしかないでしょう。(ヘッヘッへ)

さて今回は、
静岡F2開催を見て感じたことを。

地元静岡勢のレースっぷりが、
非常に残念だったんです。

実力に優り、勝てる選手が負けてしまい、
実力が劣る選手が、実力上位の選手を苦しめることもできずに負けてしまった。

「地元静岡愛」を持つ私が見ても、
明らかに作戦が悪すぎ・・・作戦が無さすぎでした。

展開次第で、強い選手が負けたり、力劣る選手が勝ったりするのが競輪。
展開を大きく左右するのが作戦。

作戦は、走る選手にとっても、車券を買うファンにとっても非常に大事で、
脚力、脚質同様・・・いや、それ以上に勝負を決する要素と言っていい。

今開催の静岡勢には、それほど重要な作戦が無かった、あるいは、悪かった。

地元静岡開催で、多くの地元ファンにそう思われてしまったことは、
我々ファンが残念なのはもちろん、選手達にも残念であってほしいんです。

そして、作戦を立てる環境にないのであれば、立てられる環境にしてほしいですし、
悪い作戦を立ててしまう環境なのであれば、良い作戦を立てられる環境に改善してもらいたい!!!!

多くのファンが競輪場に駆けつけ、
「競輪愛」が強いことで知られる静岡。
それに応えるかのように、
「静岡は、地元三割増しどころか、地元五割増しまである」
と言われるほど、地元勢が活躍してきたのも静岡。

脚力だけでなく、作戦でも地元ファンの期待に選手達が応えてきたからこそ、信頼関係ができていたんです。

裏切ってはダメですし、
裏切ってしまうような環境なのであれば、即刻改善が必要。

圧倒的人気を集めたシリーズリーダー格清は、決勝を有利に戦うためにも、準決勝では早めに仕掛けて後ろの先輩達を連れていくレースをしなければいけなかった。

力はあるが仕掛けが下手な緑川との二分戦で、力劣る長谷部翔は、しっかり先行して緑川を捲りに回して苦しめるレースをするべきだった。

若手自力選手には、同県の先輩達が作戦を授ける必要があるんです。
作戦を授けなかったのならば、先輩達の怠慢。
授けた作戦通りに走らなかったのならば、若手自力選手のポカ。

ここで私が申し上げても、選手達には伝わらないでしょうし、万一伝わったとしても響かないとは思いますが、
地元ファンからの地元選手への声として、
あえて提言させていただきました。

やれよ、静岡勢!!!!

では、また。

  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ