ブログ

日本選手権競輪

2022/05/08 6:30 閲覧数(370)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
日本選手権競輪の決勝です

1着賞金が7137万円、
2着でも3505万円、特別競輪を取ったのと同じようなものである

2着になればグランプリへの出場は、ほとんど確定したようなもの

桑原大志なんて、三谷竜生の2着は大きかった

2着でグランプリを逃したのは吉田敏洋、川村晃司がいるが、これは年度代わり開催で3月と5月に日本選手権が行われた影響だった

さて昨年の覇者松浦悠士が二次予選で敗退したため連覇はなくなりました

一昨年はコロナで中止、その前は松戸で脇本が勝って折ります!

今年はどうなりますか

では、いつもの1着ポイント指数はこの通りです

①古性    122.5  1位
②平原    121.3  2位
③清水    116.6
④東口    110.8
⑤眞杉    113.0
⑥荒井    112.2
⑦守澤    111.4
⑧脇本    116.6
⑨佐藤    119.8  3位

昨年に続いての決勝進出は平原、清水、佐藤、眞杉の4人!

昨年の松浦は1着なしで勝ち上がっての制覇

前々回の脇本はオール1着の完全優勝

今回の平原がオール1着で勝ち上がっており、完全優勝で日本選手権初制覇となるかどうかに注目です

昨年も決勝は眞杉マークで挑んだが、眞杉が郡司にフタをされて押えに動けず、後方に置かれて勝負に参加できなかった

それは平原以上に眞杉が悔しかったはずで、今回こそは相手が脇本だろうが、清水だろうが逃げて別線を封じてやろう!
というつもりではないでしょうか?

対する脇本が引っ張る近畿ライン!宇都宮ウィナーズカップでは捲り一辺倒だった!準決勝はなんとか決めたが決勝は不発!連携した古性は脇本より後輩ではあるが、グランプリウイナーの看板と責任があるので、脇本に対して、あの走りではでは!とレース後に怒りをあらわにするシーンもあったと聞きます

その後の脇本は早目の仕掛けで出切ってしまうレースに戻っている!やはり競輪は一人でやるも一発のではなくラインで戦うものと改めて思う、外連味のない眞杉の先行を渾身の捲りで脇本が捕らえていけば、眞杉の番手から平原が併せて行く、眞杉と脇本が叩き合いになって長引けば清水の捲り一発がある

総体的にみると脇本が勝るが、削られての捲り、交わしの交わしまであるいわき平を考えると、マークする古性が制するのではないかの結論!

グランプリ、全日本選抜に続いてのGP、G1Pの3連覇の偉業を成し遂げるとみます

過去に特別3連覇は中野浩一と期前の高倉登がいて、そこに並ぶことになるのではないかと思うのです

そして近年の日本選手権は村上義弘の4勝を始め、三谷竜生の2勝、村上博幸、脇本雄太とやたらに近畿勢が持っていくのも古性に味方します、成田和也、中川誠一郎、新田祐大、も勝ちましたがその翌年は近畿が優勝、昨年が松浦悠士なら今年は近畿?なんてオカルト法則もあるんです

古性が決めてくれ、脇本が2着でグランプリへグーンと近づくところが大本線!併せて踏み合う平原と脇本がタレれば東口がマーク流れ込み、直線で早めに踏む展開なら清水、佐藤慎太郎へが押えにして狙ってみます

3連単は儲けが増えるのを願って古性→脇本から平原と清水へ

2車単
①→⑧ 大本線
①→②③④⑨ 押え

3連単
①→⑧→②③

この車券で今年の日本選手権競輪の決勝を狙います


  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ