ブログ

7年間の今日の日 オートレースよ永遠なれ

2022/08/28 22:47 閲覧数(255)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
2022.8.27・28の二日間
三年ぶりに川口オートレース場にて『たたら祭り』が開催され、お祭りのフィナーレを彩る花火で幕を閉じました。
Gambooユーザーで参加された方も少なからずいらしたかと思います。
如何ですか?
楽しまれましたでしょうか?
そして『小柳ゆき』さんも、来てたんですってね!
平成の歌姫!
って言うのかしらね?
聴きたかった(笑)

本日8月28日
オートレースファンの皆様の記憶の片隅に未だ残っているとは思いますが…
遡る事、7年前の今日の日。
川口オートレース場でナイターオートレースの模擬レースが行われました。
オートレース初の消音マフラーを装着しての模擬レース。
音は勿論だが、車の挙動にファンの視線は釘付けでした。
今でも俺の記憶にハッキリと刻まれているのは『街乗りの改造カブ』の方がGoodなサウンドを響かせているぜ!
的な記憶。
そして、エンジン自体の中速から低速トルクが増すのでしょうか、イマイチ高速での伸びが感じられなかったこと。
で、オマケに!
俺の隣でその模擬レースを食い入るように見ていたベテランファンの一言は笑えた『静かだねぇ…こりゃお隣同士で会話が出来るわ!』
おっちゃん上手い事言うな!

さて、この模擬レースの翌月9月からナイターオートレース開催。
飯塚オートレース場から移動照明車が遠征しての初開催となるわけだが…。

まぁ、この節の来場者数の多いこと多いこと!
それだけ、川口でもナイターオートレースを待ち望んでいたファンの方が多かった事は勿論としても、オートレースを知らない&近隣に住みながらオートレースと無縁な方々の興味をひいた事は紛れもない事実だったと感じる。
ナイターオートレース=伊勢崎オートレース場
ファンにしてみれば、この一択だった事は間違いないお話だったが、オートレースのメッカとも言われる川口オートレース場でナイターオートレースが開催される事は既存のファンの方々は勿論、新規客(若年層)のに広く知れ渡ったと思う。
そして、川口オートレース場ナイターオートレース開催一節目を迎えるわけだが、今思えばだけど、全レース素晴らしい・見どころ満載のレースが展開されてた。
消音マフラーが故に、スピードレースではないが『技が生かされるレース』
ベテラン勢によるいぶし銀のレースが数多く展開。
着かず離れず…マサに古き良き、あの頃のレース展開が随所に見られ、手に汗握るレース・コーナーでの鬩ぎ合いのレース。
本気で熱くなれるレースが観るものすべてをオートレースの魅力に導いてくれたと感じる。
ちなみに!
川口ナイターオートレース第一節目に覇者は『高橋貢選手』確か、完全優勝だった記憶が…
そして、第二節目の覇者は『長田恭徳選手』
で、三節目は『黒岩明選手』でした…。(←敢えて言わせてください!俺の中では黒岩明は今でも選手なんですよ!!)
ちょいと自我を出してしまい申し訳ないが、消音マフラーの使い手の代表格と言っても過言ではない選手だったのです。
と、話は横道に逸れそうですので軌道修正をw
その翌年には、川口オートレース場にLEDナイター照明が常設され、一気に走路内の見栄えも変わり、ベテランファンの皆様からしてみれば『肝心な場面が観難いよ!』の声があったりなかったり…
しかし、これから先のオートレースを思えばの事。
走路内の風景や客の流れが変わる事は決してマイナスな事ではないはず。
以前にもこのブログで綴らせてもらったが、古き良き時代を知るファンの皆様があってこそ若いファンを呼び込める。
マイナースポーツと侮るなかれ!
ベテランファンがあってこその未来!
オートレースよ永遠なれ☆
  • 読者になる

現在、コメントの投稿を受け付けていません。

TOPへ