ブログ

4車の法則車券と7車立て競輪

2022/04/24 23:02 閲覧数(319)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。

募集テーマ:最近気になること

F2戦でも、記念戦(G3)でも特に決勝戦になると若干、見劣りしてそうなラインでも同地区の4車並びになると、これはかなりのアドバンテージになる。
私はまず以下のような車券構成をする。
4車を引っ張る先行役が捨て石で最終Bまでは責任持って出切る。
番手役は優勝狙っても当然だが敵ラインの巻き返しを防ぐ番手捲りの発動もフィフティフィフティ。ゴールでは3番手選手が一番、優勝に近いとみる法則だ。
頭から①②③④番車と仮定すると、本線は③=②-④⑤と③-②④-②④⑤だ。
(ここで⑤は支線ラインの好調選手を意味。)

今年この法則に倣って買わずに失敗した好例はまず今年の奈良記念決勝で脇本、ヨシタクに対峙した際の中四国ライン布陣。石原颯-宮本隼-松浦悠-樫野智-西田雅。(このときは5車連携)
。優勝は松浦、2着は宮本、3着は支線先頭のヨシタク。配当は9000円強。
超人・脇本がいてそこからだと安いし、でも、私チョイスは脇本=松浦、樫野、ヨシタク、古性ボックスの24点。もちろんハズレ。🎯ってもガミガミのところもありました。こんなパターンは法則発動すべきだったと思ったものでした。

一方、先日の青森F1ナイター決勝。メンバーは北勢は高橋晋-新田祐-飯野祐-菊池圭-大槻寛。枝線には単騎で坂井洋と渡邉雄。
結果は新田➡️飯野➡️菊池で230円の円満北勢優勝決着。
流石にどうしようもないので、坂井は番手の新田のアウトで競っての戦法も焼け石に水。渡邉雄も形は2C捲りに行くも飯野にがっちりブロック。

では、非常に気になるところ。
とても差し脚いい選手である5番手固めた大槻寛徳に優勝チャンスはよっぽどのアクシデントない限りないじゃないか?
『優勝戦』なんだから、固い北の結束もいいがお客さんはつまらない。
菊池と大槻でライン組んで何かしら優勝できる作戦考えて欲しい。
2.3倍あるから、有り金全部打って儲けの一点勝負とはならないんだから。。このことは、ウッチーこと内林久徳さんも疑問だとおっしゃってましたね。

7車立てでの5車連携は是非ともやめて頂きたい。逆に番手を競って優勝争いをやって欲しい。
そんな選択肢をファンに与えてもらうとうれしなぁと思う。

早いこと、コロナ禍終息して、全グレード全レースを9車立てに戻して欲しいなぁ。。
そしたら、5車並びだろうが何でもやって頂いて結構なので。。
その中で推理(妄想)して、🎯目指したい。ハズレても納得感もあるし。
施行者さんよろしくお願いいたしますよ。競輪ファンほぼ、全員の願いです🎵
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ