ブログ

感動の記念初制覇か?富山記念決勝

2021/07/26 8:24 閲覧数(272)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
そうなるだろうとは思っていました

オリンピックが始まるまでは、ワイドショーなどでも中止や延期の意見の方が多い、などの扱いでしが、始まってからは連日のメダルラッシュで中止や延期の話し、なんてこれっぱかりもしません

ニュースなどでは、どこそこで反対の抗議デモがありました!程度のモノでたいした扱いにはしません

そこで、冒頭の

そうなるだろうなぁ

に戻ります

スポーツは筋書きのないドラマですから、何が起きるかわからない楽しさがあるので、観ていれば面白いに決まってます

柔道の阿部兄妹の金メダルもそうでしたが、卓球の混合ダブルスの水谷、伊藤ペアの準々決勝のドイツ戦の絶体絶命の状態からの逆転勝ちや、ソフトボール女子のカナダ戦の延長サヨナラ勝ちでの決勝進出など、ワクワクドキドキの連続でした

そういったドラマを期待したいのが富山競輪の記念の決勝!

今年3回目の失格の浅井に代わって決勝に繰り上がった①竹内雄作に記念初制覇のチャンスが降ってきたように思います

竹内はすでにG2共同通信社杯は勝っているのですが、G3の記念は獲っていないのです

共同通信社杯を獲ったのも、この富山!
ここはS級昇格2戦目の⑥藤井という強力な足場を得ました、もちろん二段駈けを視野にカマシ先行に出て、他のラインを封じていくとみます

他のラインもそこは考えているので、対策を立てていきたいことろですが、ハイスピード戦必至で、分断に出るのも難しく、また横の攻めをしてきそうな選手は⑤阿部ですが単騎なんで、そこを攻めてもあまり美味しくないようにみえます

ならば竹内で鉄板か!というと、そう簡単にはいかないのが記念の決勝!

藤井の戦法ですがA級にいた時は、逃げ、捲りは半々の割合でして、当然ながら逃げるとラインでワンツーを決めますが、捲りになるとマークが離れるパターンが、よくありました
いわゆるダッシュタイプの先行です

一方の竹内は、完全に地脚タイプで踏み直しのキツい先行です

ですから藤井がカマシを打つタイミングによっては、踏み出しで口が空くことも考えられます、竹内も自力ですから追い付いては来ると思いますが、ここで捌かれる可能性は少しありそうです
前を押さえて藤井が巻き返してくるところを併せて踏んで、口が空くなら堀内、小原で外を降りながら竹内を捌くなんてのも考えられます

スンナリの展開で番手捲りの①⑧の折り返し、表裏は七三の割合

そして、神奈川両者のズッポリバターンの④⑦の折り返しを五分ずつで

買ってみようと思います!

竹内、宮越、堀内の優勝なら初の記念制覇

小原だと2度目の記念制覇となります

2車単
①↔️⑧、④↔️⑦

どんなレースになるのか

楽しみにしたいと思います

  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ