ブログ

恥ずかしいのですが、オートレースの小説を書いてみました。

2016/01/06 22:58 閲覧数(1161)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
当コラムで自ら書いたものを紹介して良いのかわかりませんが、事務局に問い合わせたところ、内容をみて判断するとのことですので、もし削除されたら申し訳ありません。

船橋オートの廃止が近づいています。このコラムでも何度か書きましたし、私のブログでも書き続けてきました。しかし現実は変わらないようです。
伊勢崎の次に通ったのが船橋でした。かつて黒潮軍団と呼ばれ「ミスターオート」「鉄人」「セアの申し子」など、もう故人になってしまいましたが、レース場でのその雄姿は今でも瞼に焼き付いています。

惜別の情、もしくは廃止されるものへの鎮魂、という気持ちで小説を書いてみました。もともと文章を書くのは好きでしたの、いつかはオートレースを文章で表現、それも小説という形でと思っていましたが、船橋オート廃止の報がきっかけになったようです。

面白いかどうかは私にはわかりませんが、もし良かったら読んでみてください。Kindleストアで「110秒の軌跡」もしくは「オートレース」で検索すれば表示されます。また私のブログからでも行けます。一応表紙の画像をアップしました。

ちなみに金子大輔選手の優勝は価値あるものです。中村選手と対等にやりあっての勝利はNo1に相応しいですね。

  • 投稿画像1
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ