ブログ

車券を買わなければ・・・

2019/10/25 23:59 閲覧数(276)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
みなさん、おはようございます。

車券の調子はいかがでしょうか???
私は、ヨソカツをご覧いただけばおわかりになるように、
不調です。
一時期の絶不調からは抜け出した感覚がありますが、とても好調とは言えませんので、不調なんだと思います。(トホホ)

さて、熊本記念(久留米)が開催中ですが、
地元のエースとして参戦しているのが、
今年GⅠ2Vの、中川誠一郎。

彼は、GⅠ2Vを達成している今年でも、
多くの競輪ファンから
「アテにならない選手」
と評されています。
スピードは輪界屈指。フォームが美しく無駄がないので、楽~に走っているように見えて、実はスゴいスピードで駆けていて、
GⅠ決勝で1周駆けて押し切ってしまう。
かといって彼は、いつも1周駆けて押し切るレースをしようとはしません。笑笑
展開待ちの捲り一発を狙うレースがほとんど。
しかも、捌きが極端に苦手なのに、意外と番手を回りたがる。笑笑
我々ファンは、彼が走るレースを
「競られなければ中川が楽~に突き抜けるが、競られたら一銭もいらない」
「展開が向けば中川の捲りで楽勝、向かなければ捲り不発で大敗必至」
などと予想し、オッズとも相談しながら、最終的には、
「中川を買うか買わないか」
の決断を迫られるわけです。
来るパターン、来ないパターンの両方を買うわけにはいきませんし。
中川を買って、望み通り中川が勝ってくれても、単勝の車券を売っていない競輪では、車券が当たるとは限らず、いやむしろ、二、三着が違ってハズレることのほうが多いですし、
中川が来ないことも当然ある。
中川を買わずに、中川が来ちゃったら当然負けで、中川が消えても、車券が当たる確率はさほど高くない。
つまり、ほとんどのファンに
「中川はアテにならない」と、思われる宿命を背負って走るしかないんです。
スピードと横の捌きの技術を併せ持つ選手なんて、ほとんど居ない。しかも頂点争いをしている中でと考えると、数年に一人出てくるかこないか。
中川誠一郎に、捌きの技術を求めてはいけないんです。
誰も求めてないでしょうが。笑笑
彼の場合、ツボにはまった時のスピードのスゴさと、並走になった時のもろさのギャップが大きすぎて目立つだけ。笑笑

かくいう私も、数え切れないほど彼に裏切られ、
「人気になっていたら絶対に蹴っ飛ばす」
というスタンスで向き合うことにしているのですが、
昨日の熊本記念二日目、
前半戦でやられ、「見」に徹していた最終12レース。
彼の走りを見ていて思ったのが
「なんて自由で、開き直ったレースだろう。中川誠一郎の真骨頂を見た」
でした。
誰かに絡まれそうになったら、同県の目標中本に無理してついていかない。
危なくない所を回っておいて、そこから自力捲って楽勝。
番手を捌いて番手捲った中本が三着で、終わってみれば熊本ワン・スリーでそこそこの人気サイドで決着。
車券を買って見ていたら、
「なんだ、あの中川のレースは!!
しかも、終わってみれば人気サイド決着って、どうなってんだ競輪は!!」
と、文句のひとつも言いたくなったでしょう。
しかし、車券を買わずに見ていましたら、
彼の個性を素直に受け入れられました。
むしろ、
「中川誠一郎って、かわいいなぁ」
とさえ思えました。笑笑

何度か裏切られ、選手を嫌いになりそうになったら、
その選手が走るレースを、一度「見」に徹してみるってのもいいかもしれません。
それ以上に嫌いになることはありませんし、ひょっとしたら好きになれるかもしれませんよ。(ニッコリ)

あ、私、中川誠一郎のことは嫌いじゃありませんからね、元々。
彼の車券はめったに買わないだけで、まあまあ好きですから。

どうかしらねぇ、地元記念準決勝は。
楽しみです。

では、また。

  • コメントする
  • 読者になる

コメント(2)

プロフィール画像

窓際職人

一部ファンの中には八番亭定一郎と呼ばれて居ます。
プロフィール画像

店長(座長)

ブワッハッハ~
中川から厚く勝負してると、怖くてレースを見てられませんもんね。笑笑
でも、なんか憎めないところがあるんですよねぇ、彼って。
投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ