ブログ

七車立は七車立

2020/07/02 22:23 閲覧数(336)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
 ガールズケイリンの独特な競走形態は措くとして、チャレンジでもA級でもS級でも男子競輪の競走形態の「大本」はおなじである。もちろん観戦者に伝わる迫力の差違は各層の能力に依るとしても、強かろうが弱かろうが、男性選手は、同一の「規則」とほぼ同一の「思想」を以て競輪という種目を闘っている。換言すれば――競輪は競輪である――という肝腎の範疇から逸脱することはない。あり得ない例え話だが、能力・賞金・地位によってそれぞれ「違う競輪」がおこなわれたとすれば、競輪というギャンブルはおそらく成立しなくなるだろう。これは他の公営ギャンブル、競艇やオートにも当て嵌まる筈だ。
 小松島記念の初日が数時間前に終わった。前掲の持論に則り「七車立のS級戦は七車立のチャレンジ戦に似ていた」と記させてもらおうか。時計も違う。スピードも違う。チャレンジ戦に時折混ざる「最初から7着」の選手も居ない。朝から夕までS級レーサー。駒は揃った。それでも、七車立の競輪は七車立の競輪なのだと確認した次第だ。
 だけど最終競走の松浦悠士はよくぞ届いたものだ! 七車だろうと九車だろうと、◎選手が必死に勝ちにゆく画は、競輪に於いて最上の別品である。
  • 読者になる

現在、コメントの投稿を受け付けていません。

TOPへ