ブログ

俺は松浦にお任せだから~宇都宮記念競輪後記

2022/05/22 17:33 閲覧数(211)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
 随所随所いろいろな工夫をこらすのは松浦悠士と小倉竜二だけだから、我関せずで無駄足を使わない中川誠一郎の捲りはいいところまでくる。くるのだけどそんなに甘くはないのが競輪だ。
 中団でふたをされた眞杉匠が荒っぽく退かそうとする。それをいなす松浦の所作は実に柔らかい。両者の攻防に俺は「おいおい無茶するな」と冷や冷や、「わかった、わかったから」と落ち着きをうながす。
 ぎりぎりまで待って正攻法に出た松浦に間髪入れず眞杉のカマシだ。一車下げ、また一車引かざるを得ない松浦はさすがに一杯一杯だろう。半ば諦め気味ながらも、直線で内が空いたのを見た俺は生気を取り戻し「届け!」と声に出したけど、やっぱり無理だった。
 ま、俺はこの番組、「松浦の競輪」に全て任せたのだから何も言うことはない。なんであれ松浦と「一緒に走る」競輪は、この上なく楽しい。
  • 読者になる

現在、コメントの投稿を受け付けていません。

TOPへ