ブログ

Here,There And Everywhere~向日町記念決勝

2022/09/26 19:14 閲覧数(245)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
 ♪ここでも、そこでも、どこでも――君がひつようなのだと唄われるビートルズのラブ・ソング、「Here,There And Everywhere」のコード進行と、転調なる技を知ったとき、ちょっとだけ音楽が上達したような気になった――もちろん錯覚だが。ふたつを教えてくれたWは仲間内では「天才」と呼ばれ、きっと将来は音楽で飯を食うのだろうなんて勝手に思っていた。後年、同窓会でまあまあ有名な会社の名刺をもらった記憶がある。あたりまえだが、Wは自慢の長髪を切ってしまっていた。 
「ここでも、そこでも、どこでも――脇本雄太」、無理矢理に「転調」しようとするのは野暮にもほどがあるが、ご寛恕を願う。
【向日町記念競輪決勝】清水裕友の四人ラインと坂井洋の三人ラインが暗黙の了解で脇本雄太を八番手に置く。考えようによってはかなり厳しい包囲網にも思える。が、ずうっと七人が固まり四角まで、などという競輪はできない。たとえ近い画になったとしても、昨日独善に記した脇本が操る「最新型の競輪の必殺技」は、その画をも凌駕するためにあるのだと信じたい。だからマークの稲川翔は厳しいと思う。じゃあ二着は誰か、三着に誰だ? 
 一、今開催、脇本マークで続けたのは成田和也ひとりだけである。そういえば成田は先月の立川FⅠ決勝でも脇本に流れ込んでいる。五車身ほど遅れはしたが、番手競り合いの末の二着は見事であった。
 一、今開催、脇本の二着に前団ハコ残りの小原太樹、という車券が二回出ている。
 一、その成田と小原が並んでいる。
 結論、①⑨⑤と①⑤⑨を買います。

  • 読者になる

現在、コメントの投稿を受け付けていません。

TOPへ