ブログ

一寸先は闇

2021/07/15 11:09 閲覧数(727)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。

募集テーマ:夏の思い出

  • 投稿画像1
30年近く競輪をやっていると、投票車券が写真判定や審議の対象になり確定放送を待つ間一喜一憂、紙くずになった事は何十回いや数えきれない程あるなかで逆に紙くずになろうとした車券がお宝になった事は余り記憶にないなか昨日、富山11レース決勝!
私は久木原から佐々木の4=6から全で勝負してみました。スマホでレース見ていると久木原が捲り切って追走の佐々木も付いて来てゴール前決まったと思ったが佐々木が届かず間に村上選手が入線、残念ながら良くあるパターンと思いスマホを切りました。暫くしてさっきのレースの配当金はとあらためて結果を見るとあれ久木原、佐々木で来ている3着は全買いなので当たりや。2着入線の村上選手が失格になり私の買ってた車券が一気に19万程なった訳です。
いやこれは嬉しいこんな事は滅多にない。一人歓喜していると
そう言えばこんな事があったな競輪を始めて日が浅い若きし頃の真夏の武雄競輪場での出来事。
場内で爺さんが何かわめき声をあげながら窓口にある茶色の購入用紙(当時は手書きの対面式購入)を片っ端から掴み通路に投げ捨てその脇では警備の方がせっせと掃除をしていた。
暑さで気が狂ったのか一体何が有ったのかとはた迷惑やなと遠巻きで様子を見ていると周りの人の声が耳に入った。先程のレース審議の対象で一着が失格になり買っていた車券がハズレになったのだろうその腹いせにやっているのだと話声が聞こえた。
懐かしい記憶が思い浮かんだ夏の思い出です。
  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ