競輪・オートレースの予想・投票ならギャンブー

競輪・オートレースの予想・投票ならギャンブー Gamboo

オート予想の玉手箱
オート予想の玉手箱 質問一覧
Q1.1~8番車で勝つ確率は同じですか?
Q2.湿走路の配当が堅いって本当ですか?
Q3.誕生日のレースはいつも以上に気合が入る?
Q4.船橋が高速走路って本当ですか?
Q5.人気順で買ったらどのくらい当たりますか?
Q6.高配当が期待できる選手を教えてください!
Q7.試走偏差の詳しい使い方を教えてください!

4.船橋が高速走路って本当ですか?ミヤ23(長野県・40代・女性)

皆さん、こんにちは!
浦島ブタローです。

今回の質問は、長野県在住の40代女性、ミヤ23さんから頂きました。
いつもGambooBETをご利用いただき、ありがとうございます!

さて、今回頂いたのは「船橋が高速走路って本当ですか?」という質問です。オートレースの舞台となる競走路は1周500m、幅30mと決まっていて、どこの開催場でも同じコース形状となっています。但し、タイヤの滑りやすさや水捌けの良さ等の走路コンディションは開催場によって微妙に違います。皆さんは、開催場によって試走タイムや競走タイムの傾向が異なると思いますか?どうやらファンの間では船橋が高速走路だと言われているみたいですが、はたして本当でしょうか?・・・詳しく調査してみましょう!

それでは開催場別の平均試走タイム・平均競走タイムをご覧ください。

■ 開催場別・平均試走タイム・平均競走タイム
抽出条件: 2011年1月1日~2011年12月31日
(良走路のみ。また、妨害を受けた競走、事故、不成立の成績は除く)

開催場 レース数 平均試走T 平均競走T
船橋 3708 3.39 3.476
川口 6516 3.39 3.484
伊勢崎 4540 3.40 3.486
浜松 3367 3.42 3.506
飯塚 3621 3.42 3.508
山陽 2420 3.39 3.475
全場 24172 3.40 3.489

上記の表から、各開催場の平均競走タイムを比較してみると、山陽、船橋のタイムが速いことが分かります。川口、伊勢崎についても山陽、船橋ほどではありませんが、まあまあ速いタイムとなっています。逆にタイムが見劣りするのは、浜松、飯塚です。こうして見ると、平均タイムの傾向には開催場によって大きな差があるみたいです。

続いてグレード別の平均タイムを見てみましょう。

■ グレード別・開催場別・平均試走タイム・平均競走タイム
抽出条件: 2011年1月1日~2011年12月31日
(良走路のみ。また、妨害を受けた競走、事故、不成立の成績は除く)

開催場 普通開催 GII開催 GI開催 SG開催
平均試走T 平均競走T 平均試走T 平均競走T 平均試走T 平均競走T 平均試走T 平均競走T
船橋 3.41 3.493 3.36 3.446 3.37 3.459 3.33 3.419
川口 3.40 3.496 - - 3.35 3.441 3.37 3.459
伊勢崎 3.41 3.497 3.35 3.442 3.35 3.443 3.37 3.457
浜松 3.42 3.511 - - 3.39 3.482 - -
飯塚 3.42 3.512 - - 3.40 3.489 - -
山陽 3.40 3.489 3.37 3.449 3.36 3.442 - -
全場 3.41 3.500 3.36 3.446 3.37 3.460 3.36 3.448

※SSFのトップスター優勝戦はGI、スーパースター王座決定戦はSGとしてカウントしています。

当たり前のことですが、普通開催とグレード開催ではかなりタイムが違います。特に船橋のSG開催におけるタイムの速さ(平均試走タイム:3.33、平均競走タイム:3.419)は突出しています。船橋が高速走路だと言われるのは、SG開催のタイムの速さが理由かも知れません。

次に走路状況別の平均タイムも見てみましょう。

■ 走路状況別・開催場別・平均試走タイム・平均競走タイム
抽出条件: 2011年1月1日~2011年12月31日
(良走路のみ。また、妨害を受けた競走、事故、不成立の成績は除く)

開催場 良走路 湿走路 風走路 斑走路
平均試走T 平均競走T 平均試走T 平均競走T 平均試走T 平均競走T 平均試走T 平均競走T
船橋 3.39 3.476 3.64 3.728 3.40 3.481 3.47 3.525
川口 3.39 3.484 3.78 3.848 - - 3.43 3.510
伊勢崎 3.40 3.486 3.58 3.660 3.39 3.483 3.44 3.497
浜松 3.42 3.506 3.81 3.883 3.41 3.498 3.45 3.519
飯塚 3.42 3.508 3.68 3.756 - - 3.43 3.511
山陽 3.39 3.475 3.72 3.790 - - 3.40 3.484
全場 3.40 3.489 3.69 3.769 3.41 3.492 3.44 3.508

これを見ると面白いのは、同じ湿走路でも平均タイムが全然違うということです。特に伊勢崎は湿走路でも、平均タイムがかなり速いです。逆に、川口、浜松は湿走路のときにタイムがかなり遅くなるようです。やはり開催場によって水捌けなどの路面コンディションが異なるため、湿走路でも走りやすい、走りにくいなどがあるのでしょうか。また、風走路については、良走路のタイムとほとんど変わらないので、強風が吹いても競走タイムへの影響は思ったほどないのかも知れません。

最後に開催場別の最高競走タイムを見てみましょう!

■ 開催場別・最高競走タイム
抽出条件: 2011年1月1日~2011年12月31日

開催場 選手名 競走T 試走T 開催日 周回数 備考
船橋 高橋 貢 3.330 3.25 2011/02/20 12 8 GⅡさざんかカップ・優勝戦
川口 永井 大介 3.332 3.27 2011/12/28 11 8 スーパースターフェスタ・SSトライアル戦
伊勢崎 高橋 貢 3.332 3.26 2011/02/09 12 6 SG全日本選抜オートレース・スーパードリーム戦
浜松 木村 武之 3.341 3.30 2011/02/02 12 8 GⅠスピード王決定戦・優勝戦
飯塚 田中  茂 3.358 3.29 2011/01/08 12 6 GⅠ開設記念レース・ドリーム戦
山陽 高橋 貢 3.335 3.27 2011/12/20 12 6 GⅠスピード王決定戦・準決勝戦

最高タイムを出した選手を見ると、さすがに超1流のビッグネームが揃っています。特に“絶対王者”高橋貢選手は地元の伊勢崎だけでなく、船橋、山陽でも最高タイムを出しており、高速走路においてその強さを発揮するようです。船橋GⅡさざんかカップの優勝戦では、試走タイム3.25、競走タイム3.330という驚異的なタイムを叩き出しています。

また、最高タイムからも、浜松、飯塚は他場よりも遅いことは明らかです。

質問の答え
・ 山陽、船橋は高速走路!
・ 伊勢崎は湿走路のときに高速走路!
・ 浜松、飯塚はタイムが遅い!

今回調査したデータをPDFにして置いておきます。参考にしてください。

開催場別平均タイム(2011年) (PDF形式:79KB)

それではまた次回!