ブログ

種銭の無い3児の父が歓喜するしたギャンブーのコンテンツとは

2019/02/17 21:45 閲覧数(338)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
サラリーマンにとっての楽しみは土日のお休み。
ゆっくり寝るもよし、体を動かしたり資格の取得をするなり自分を磨くもよし。
だがしかし根っからのギャンブル党にとって
土日=勝負の時と言っても過言ではない。

思い起こせばネットのないころ、土曜日は朝早くにコンビニに行き
スポーツ新聞を買い、ゆっくりとコーヒーでも飲みながら
出走表を眺めるのことが本当に至福の時間だった。

まずは家庭版には無い、アダルト欄を一言一句なめるように見る
もちろん広告欄に跋扈する怪しげなサービスもしっかりとチェックする。

プロ野球と芸能欄、場合によっては釣り欄及び
東京中日スポーツもチェックだ。場に居る名前も知らない顔見知りとの
会話に困らないように。

支度を済ませて9時ごろに種銭を握りしめ家を出たものだった。

そう・・・・・だった。

3桁の借金をこさえた私も何の縁か伴侶ができ3児の父に。
いや、一応はやめといたほうが良いと忠告しておいたが聞く耳は持たなかった。
できた妻は徹底的財布を絞り上げ、おかげで借金は返済。
4社との消費者に優しい金融機関とのお付き合いは疎遠なものになった。

が、問題は打てないこと。

電車代まで打ち切り、うまい棒3本がその日のディナーでも平気な俺が
3食おいしいご飯を食べ、暖かい布団で寝れても耐え難いこと
それは‘打てない‘ということ。

耐え難きを耐え忍び難きを忍び
平成最後の2019年、私は以前から薄々と知っていたギャンブーなるサイトに
初めて面と向かい合い、ヨソカツなるコンテンツと出会った。

ギャンブル好きが集い、予想の精度を競い合う。
自分の的中率、回収率がわかり成績が良ければ、なんと予想を売ることができ
手に入れたポイントで実際に打てるという、夢のようなコンテンツ

それがヨソカツ。

歓喜してやってみたが、失笑するに堪えない出来事があった。
実際にお金をかけるときは選手を見ないでオッズとにらめっこ。
ライン決着、イン逃げは一応検討するも、オッズを見てまず買わない。

それが人に見られるとわかるとどうだ。
筋で予想するは序の口で、本線の2連複を買う始末。
本命なんてほとんど買ったことがないのにだ。

・・・2日ほどやって当てたのは
普段は絶対に買わない1人気の2連複と、530円しかつかなった3連単。
もう一つはいい加減なMy法則が的中した。

笑止千万だが私は歓喜している。
実際に買ってはないが当たれば嬉しいし、外せば一応悪態の一つもつきたくなる。
種銭が無くとも楽しいのだ。

溢れだす承認欲求を満たすため予想と能書きをこれからも書かせていただこうと思います。
皆様どうかお付き合いのほどよろしくお願いします。

  • コメントする
  • 読者になる

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ