ブログ

踏み出すのか 留まるのか

2017/01/24 21:43 閲覧数(896)
このブログを違反通報します
違反通報のフォーム画面へ移動します。
最近、人気を取り戻しつつあるのだけれど、数年前のK-1やPRIDEの人気を覚えている方は多いだろう。
さまざまなバックボーンを持つファイターたちが、ひとつのリングに集い、戦い、熱狂する。

なにより当時のK-1やPRIDEの功績は、一握りのプロレスラーやボクシング世界チャンピオン以外のファイターが『試合で生活できる環境』を創ったことに他ならない。

特に女性アスリートにとって、生活ができて、成績によってより多くの収入がもたらされる環境を手にするのは、男性に比べてさらに狭き門となる。
だから私は、日本中から集ったバックボーンの異なる女子レーサーが、新しく『レースで生活できる環境』を創ったガールズケイリンは面白いと心から思う。

自分のやっているスポーツに限界を感じた女性が、自分の職業に物足りなさを感じている女性が、そして自分のために家族のためにお金を稼ぎたいと思っている女性が、一歩踏み出して競輪学校への入学を決心し、プロになり、日本中の競輪場や街道で必死にもがいて、決められた日に競輪場に集う。
そのドラマをもっとクリエイティブに表現できれば、人気スポーツになりうるポテンシャルを持っている。

だからトップレーサーにはもっと稼いで欲しいと思うし、夢破れてしまったレーサーたちもこれからできるだけ自転車、そしてレースに携わっていてほしい。

発走台に立つ7人。
それぞれの思いが交錯し、踏み出すことを選んだ女性レーサー達がしのぎを削るガールズケイリンがこれから何十年も続くことを願いながら、スマートフォンの投票画面を押すことにしよう。

コメント(0)

投稿する
※コメント投稿後は編集・削除が行えません。投稿前に内容をよくご確認ください。
※コメントは承認制の場合があります。管理側で内容を確認するため、反映に時間がかかる場合があります。

Gambooでは、人が嫌がるような発言、著作者の許諾のない文章の投稿、公序良俗に反する投稿等を禁止させていただいております。禁止行為が確認された場合、予告なく削除、コミュニティ機能の利用制限、退会等の処理をさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください。
コミュニティのご利用ガイドライン
TOPへ